【 兵科の解説 】 
 
兵科》 《兵科一覧
 
《 兵科 》 
兵科はキャラクターが部隊として行動する際の役割を表します。
特有の兵科技能が存在し、キャラクターがその兵科に就く事で使用可能になります。
この兵科は、「オープニングフェイズ」で自由に転科する事ができます。
 
◇ 兵科表の見方
 『 アタッカー 』 @
◇ 兵科技能 A
『 制圧部隊 』
APコスト:- 消費カウント:- 射程PT:0 範囲:半径2(選択)
対象はDPが「+ 2」されます。

この技能は、常に効果が適応されます。
『 挑発攻撃 』
APコスト:3 消費カウント:1 射程PT:- 範囲:-
即座に、1カウント消費行動による武器攻撃を行います。
命中失敗時、自身と攻撃対象は「情報判定」での対決を行います。
対象が複数の場合、自身の判定は一括で行います。
この時の自身の「情報判定」の基準値は「技巧」に変更されます。

判定に敗北した対象は、以後、技能使用者の次ターン開始時まで
技能使用者以外へ行う能動判定に、「- 1」のペナルティを受けます。
対象が範囲攻撃等で技能使用者を巻き込む場合、
このペナルティは適応されません。
『 電撃戦 』
APコスト:- 消費カウント:- 射程PT:- 範囲:自身
ラウンド開始時からバトルフェイズ終了時までの間に、
自身が現在地から「1PT以上」移動した場合、エンドフェイズにて、
『制圧部隊』の効果であるDP上昇が、さらに「+ 2」されます。

この効果はDPの上昇値が「+ 6」になるまで重複します。
移動出来なかった場合、エンドフェイズにて、重複効果を含めて解除されます。

この技能は、常に効果が適応されます。
◇ 兵科説明 B
戦場にて一番に敵陣へ駆ける切り込み兵達です。
@ 兵科の名称を記しています。
A 兵科で自動取得できる技能を記しています。
技能データ表の見方は、異能データ表に準じます。

これらの技能の達成値は「技巧判定」で算出します。
兵科技能は、他の兵科では使用できません。

効果は明記がある場合を除いて重複しません。
B 兵科の特徴や役割を説明しています。
 
 
《 兵科一覧 》  兵科》 
 
 『 アタッカー 』
◇ 兵科技能
『 制圧部隊 』
APコスト:- 消費カウント:- 射程PT:0 範囲:半径2(選択)
対象はDPが「+ 2」されます。
この技能は、常に効果が適応されます。
『 挑発攻撃 』
APコスト:3 消費カウント:1 射程PT:- 範囲:-
即座に、1カウント消費行動による武器攻撃を行います。
命中失敗時、技能使用者と対象は「情報判定」での対決を行います。
対象が複数の場合、自身の判定は一括で行います。
この時の自身の「情報判定」の基準値は「技巧」に変更されます。

判定に敗北した対象は、以後、技能使用者の次ターン開始時まで
技能使用者以外へ行う能動判定に、「- 1」のペナルティを受けます。
対象が範囲攻撃等で技能使用者を巻き込む場合、
このペナルティは適応されません。
『 電撃戦 』
APコスト:- 消費カウント:- 射程PT:- 範囲:自身
ラウンド開始時からバトルフェイズ終了時までの間に、
自身が現在地から「1PT以上」移動した場合、エンドフェイズにて、
『制圧部隊』の効果であるDP上昇が、さらに「+ 2」されます。

この効果はDPの上昇値が「+ 6」になるまで重複します。
移動出来なかった場合、エンドフェイズにて、重複効果を含めて解除されます。

この技能は、常に効果が適応されます。
◇ 兵科説明
戦場にて一番に敵陣へ駆ける切り込み兵達です。
敵陣を崩し、そして敵の注意を引きつける役割を持っています。
 
 『 ディフェンダー 』
◇ 兵科技能
『 防衛部隊 』
APコスト:- 消費カウント:- 射程PT:0 範囲:半径2(選択)
対象はGPが「+ 2」されます。
この技能は、常に効果が適応されます。
『 牽制攻撃 』
APコスト:3 消費カウント:1 射程PT:- 範囲:-
即座に、1カウント消費行動による武器攻撃を行います。
結果に関係なく、自身の「封鎖判定」と
攻撃対象の「突破判定」での対決を行います。
対象が複数の場合、自身の判定は一括で行います。

判定に敗北した対象全てを、次の自身のターン開始時まで、
最大封鎖数と通常の封鎖範囲を無視して、その場に「封鎖」します。
この技能に関わる「封鎖判定」の基準値は全て「技巧」に変更されます。
『 要塞化 』
APコスト:- 消費カウント:- 射程PT:- 範囲:自身
ラウンド開始時からバトルフェイズ終了時までの間、
自身が現在地から全く移動しなかった場合、エンドフェイズにて、
『防衛部隊』の効果であるGP上昇が、さらに「+ 1」されます。

この効果は、GPの上昇値が「+ 6」になるまで、重複します。
現在地から移動すると、エンドフェイズにて、重複効果を含めて解除されます。

この技能は、常に効果が適応されます。
◇ 兵科説明
戦場にて、前線の維持と自陣の防衛を行う兵科です。
支援攻撃を行い、敵を足止めし、尖兵を支援する役割を持ちます。
 
 『 スカウト 』 
◇ 兵科技能
『 油断なき眼光 』
APコスト:- 消費カウント:- 射程PT:- 範囲:自身
「緊急回避判定」に「 + 4 」のボーナスを得ます。
また、「捜索判定」にて受けるペナルティを「2点」軽減します。
この技能は、常に効果が適応されます。
『 玄人の目星 』
APコスト:0 消費カウント:1 射程PT:0 範囲:半径2(選択)
範囲内全てに「捜索判定」を行い、即座に結果を知る事が出来ます。
『 隙狙い 』
APコスト:5 消費カウント:0 射程PT:特殊 範囲:単体
この技能は、対象が判定で「クリティカル」を出した際に使用を宣言できます。
この技能の射程PTは、装備している任意の兵装の射程PTと同値となります。

対象は、この技能の対抗判定として「感知判定」を行えます。
対象の出目の合計を、「7」に変更し、「クリティカル」をなかった事にします。

この技能判定で「クリティカル」が出た場合、
対象の出目の合計は「2」に変更され、これにより「ファンブル」となります。

この技能は、1シーンに1回、発動できます。
◇ 兵科説明
戦場にて誰よりも先に敵陣に浸透し、情報を集める兵科です。
罠を見破り、そして伏兵を暴きだす事で、戦闘を有利に進めます。
 
 『 メディック 』 
◇ 兵科技能
『 戦場医療 』
APコスト:3 消費カウント:1 射程PT:0 範囲:単体
対象のHPを、「LV + 技巧 + 1D6」点、回復させます。
「技巧判定」が「クリティカル」の場合、上記の効果が「+ 1D6」されます。
この技能は、運命が「0」の対象には無効となり、
同対象に対して、1ラウンドに1回のみ、効果を適応できます。
『 蘇生 』
APコスト:4 消費カウント:2 射程PT:0 範囲:単体
対象の[戦闘不能]を解除し、対象のHPを自身の技巧点まで回復させます。
「技巧判定」が「クリティカル」の場合、上記の回復効果が倍増されます。
『 鼓舞 』
APコスト:2 消費カウント:1 射程PT:0〜3 範囲:単体
この技能は、〈戦闘不能〉の対象にのみ使用できます。
対象が〈戦闘不能〉のままエンディングフェイズに至っても、
対象は〈生死不明〉にならず、生還します。
◇ 兵科説明
負傷した兵士を、その場で手当てする兵科です。
重症者が過酷な戦場から生還できるのは、
この兵科あってこそと言っても過言ではありません。
 
 『 コマンダー 』
◇ 兵科技能
『 的確指示 』
APコスト:4 消費カウント:1 射程PT:0 範囲:半径2(選択)
対象の「命中判定」に「+ 1」のボーナスを与えます。
「技巧判定」が「クリティカル」の場合、上記の効果が「+ 1」されます。

この技能は、自身のHPが一度に「 LV 」点減少するか、
〈軽度BS〉を受けるか、シーンが終了するまで持続します。
『 退避指示 』
APコスト:4 消費カウント:1 射程PT:0 範囲:半径2(選択)
対象の「回避判定」に「+ 1」のボーナスを与えます。
「技巧判定」が「クリティカル」の場合、上記の効果が「+ 1」されます。

この技能は、自身のHPが一度に「 LV 」点減少するか、
〈軽度BS〉を受けるか、シーンが終了するまで持続します。
『 確かなフォロー 』
APコスト:5 消費カウント:0 射程PT:0〜3 範囲:単体
この技能は、対象が判定で「ファンブル」を出した際に使用を宣言できます。

対象の出目の合計を、「7」に変更し、「ファンブル」をなかった事にします。
この効果は、対象が同意しなければ、無効となります。

この技能は、1シーンに1回、発動できます。
◇ 兵科説明
戦場にて、兵達の指揮を取り、部隊を強固にするための兵科です。
状況に併せて的確な指示を与え、大きな戦果をもたらします。
 
 『 アームズマン 』 
◇ 兵科技能
『 緊急修理 』
APコスト:4 消費カウント:1 射程PT:0 範囲:単体
対象のHPを、「LV + 技巧 + 1D6」点、回復させます。
「技巧判定」が「クリティカル」の場合、上記の効果が「+ 1D6」されます。
この技能は、兵器以外には無効となり、
同対象に対して、1ラウンドに1回のみ、効果を適応できます。
『 愛機は側に 』
APコスト:- 消費カウント:- 射程PT:- 範囲:自身
「兵器一覧」にある兵器を常備化する際、常備点を4低いものとして扱えます。
ただし、適応できるのは1台のみであり、常備点は1未満になりません。

シナリオ中に別兵科へ変更し、この技能を失い、兵器が常備不可となった場合、
その兵器は失われ、兵器の常備点分が、MPとして払い戻されます。
この時、兵器に適応していた常備化アイテムも同様に失われ、払い戻されます。
GMが許可すれば、その場で、その払い戻されたMPの範囲内で、
それぞれのアイテム一覧の内にある未常備アイテムの常備化を行えます。

この技能は、常に効果が適応されます。
『 機甲部隊 』
APコスト:- 消費カウント:- 射程PT:- 範囲:自身
「アームズマン」の兵科の他に、もう一種類の兵科に就く事が出来ます。

ただし、この技能で就いた兵科の技能は、歩兵時には使用出来ません。
自身が兵器に搭乗中の時のみ、兵科技能が使用可能となります。
また、これらの兵科技能のAPコストは常に倍増します。

この技能は、常に効果が適応されます。
◇ 兵科説明
兵器を専門に扱う兵科です。
対兵器戦の専門家でもあり、歩兵をサポートします。
 
 
TOP