【 系譜と異能の解説 】 
 
系譜》 《系譜一覧》 《異能》 《異能一覧
 
《 系譜 》
プレイヤーの分身となるPCの種族は、人を超えた偉大なる者達、魔族となります。
魔族には様々な系譜が存在し、PCが選択できる系譜は6種類となります。
系譜はそれぞれに、固有の能力や大まかな性質を共通して持っています。
 
◇ 系譜データ表の見方
 『 黒狼 』 (サンプルキャラクター:闇の狩人) @
◇ 初期判定能力値 A
技巧 : 5 機敏 : 6 情報 : 3 頑強 : 5 魔力 : 4 運命 : 4
◇ 初期取得異能 B
『 黒衣の牙 』
APコスト:3 消費カウント:1 射程PT:- 範囲:自身
副兵装『格闘』の増加DPが「+ 魔力」され、GPが「+ 2」されます。
この異能は、シーン終了まで持続し、1カウントの消費で任意解除が行えます。

獣化して鋭い爪や牙を得る事が出来ます。
◇ 系譜説明 C
狼の耳と尻尾を持つ、半獣人の魔族です。
獣化による鋭い爪や牙を生かした、非常に高い格闘能力を持っています。
群れに対して強い執着心があり、そして仲間思いな一面が有名です。
狼が神聖視されて生まれた魔族とされています。
@ 系譜の名称と、サンプルPCのキャラクターシートへのリンクを記しています。
A 系譜の初期判定能力値を記しています。
B 系譜が持つ最も基本的な特有異能を記しています。
異能データ表の見方については、こちらを参照して下さい。
C 系譜の特徴や性質を説明しています。
 
 
《 系譜一覧 》 系譜》 《異能》 《異能一覧
 
 『 黒狼 』 (サンプルキャラクター:闇の狩人)
◇ 初期判定能力値
技巧 : 5 機敏 : 6 情報 : 3 頑強 : 5 魔力 : 4 運命 : 4
◇ 初期取得異能
『 黒衣の牙 』
APコスト:3 消費カウント:1 射程PT:- 範囲:自身
副兵装『格闘』の増加DPが「+ 魔力」され、GPが「+ 2」されます。
この異能は、シーン終了まで持続し、1カウントの消費で任意解除が行えます。

獣化して鋭い爪や牙を得る事が出来ます。
◇ 系譜説明
狼の耳と尻尾を持つ、半獣人の魔族です。
獣化による鋭い爪や牙を生かした、非常に高い格闘能力を持っています。
群れに対して強い執着心があり、そして仲間思いな一面が有名です。
狼が神聖視されて生まれた魔族とされています。
 
 『 影魔 』 (サンプルキャラクター:深淵の観察者)
◇ 初期判定能力値
技巧 : 4 機敏 : 4 情報 : 6 頑強 : 4 魔力 : 5 運命 : 4
◇ 初期取得異能
『 闇の束縛 』
APコスト:4 消費カウント:1 射程PT:0〜5 範囲:単体
対象を、通常の最大封鎖数を無視して、その場に「封鎖」します。
この「封鎖」では、「突破判定」と「封鎖判定」の基準値が、
共に「魔力」に変更されます。

対象の影を束縛し、対象の移動を封じます。
◇ 系譜説明
非常に長い耳を持ち、褐色の肌を持つ人型の魔族です。
知識や物語を好む性質を持ちますが、秘密主義や怠惰な面も有します。
賢者や隠者、仙人が神聖視されて生まれた魔族とされています。
 
 『 黒山羊 』 (サンプルキャラクター:哂う破壊者)
◇ 初期判定能力値
技巧 : 5 機敏 : 4 情報 : 5 頑強 : 4 魔力 : 6 運命 : 3
◇ 初期取得異能
『 揺らぎの魔眼 』
APコスト:4 消費カウント:1 射程PT:0〜5 範囲:単体
以後、対象が直前に行った判定に、任意に「- 2」のペナルティを与えます。
この異能は、自身の次のターン開始時まで持続し、
ペナルティを適応すると、持続時間はその時点で終了します。
また、運命が「0」の対象には無効となります。

心を掻き乱す魔力を込めた視線を対象に放ちます。
◇ 系譜説明
捻れた山羊の角と尻尾を生やした半獣人の魔族です。
魔族の中で最も魔力の扱いに秀でた系譜で、様々な異能を操ります。
研究熱心で凝り性な性質があり、技術者として活躍する者も少なくありません。
錬金術師や司祭が神聖されて生まれた魔族とされています。
 
 『 不浄者 』 (サンプルキャラクター:不死の救命士)
◇ 初期判定能力値
技巧 : 5 機敏 : 5 情報 : 3 頑強 : 6 魔力 : 4 運命 : 4
◇ 初期取得異能
『 血の簒奪 』
APコスト:3 消費カウント:2 射程PT:0〜1 範囲:単体
対象に「DP + 魔力」点のダメージを与えます。
このダメージは、GPでは軽減できず、魔力で軽減出来ます。
対象が受けたダメージだけ、自身のHPが回復しますが、
回復量の最大値は「LV + 魔力」となります。
この異能は、ダメージを与える対象の運命が「0」の場合、無効となります。

他者の生命力を吸収し、自身の傷を癒します。
◇ 系譜説明
赤い瞳と土気色の肌を持つ、人型の系譜です。
血液に強い嗜好を持つ性質があり、多くは献血で嗜好を満足させています。
死に連なる信仰として、血液を神聖視する事で生まれた魔族とされています。
その出自からか、己に近しくも全く異質なアンデッドを強く毛嫌いしています。
 
 『 龍人 』 (サンプルキャラクター:剣豪の龍)
◇ 初期判定能力値
技巧 : 6 機敏 : 4 情報 : 4 頑強 : 5 魔力 : 5 運命 : 3
◇ 初期取得異能
『 竜鱗の羽衣 』
APコスト:3 消費カウント:1 射程PT:- 範囲:自身
副兵装『格闘』の増加DPが「+ 2」され、GPが「+ 魔力」されます。
この異能は、シーン終了まで持続し、1カウントの消費で任意解除が行えます。

魔力を全身に巡らせ、防御力を高めます。
◇ 系譜説明
龍眼と竜の角を持つ、人型の魔族です。
肉体派でありながら魔力の扱いにも長けた、万能型です。
何処か豪快な性質を持っており、細かいことは気にしません。
純粋な強さそのものが神聖視されて生まれた魔族とされています。
 
 『 天使 』 (サンプルキャラクター:栄光の指揮者)
◇ 初期判定能力値
技巧 : 4 機敏 : 6 情報 : 4 頑強 : 3 魔力 : 5 運命 : 5
◇ 初期取得異能
『 天翔ける光翼 』
APコスト:4 消費カウント:1 射程PT:- 範囲:自身
「飛行状態」になります。
この異能は、地上の兵器に搭乗中は使用出来ず、
発動中は地上の兵器への搭乗が不可能となります。
シーン終了まで持続し、1カウントの消費で任意解除が行えます。
〈睡眠〉、〈戦闘不能〉に陥ると、自動的に解除されます。
任意解除以外で異能が解除された場合、「2×2D6PT」分、落下したと扱います。

翼によって、何者にも妨げられる事なく、移動を行う事が出来ます。
◇ 系譜説明
美貌の系譜として有名な、背中に翼を持つ人型の魔族です。
翼は実体ではなく、衣服をすり抜けるために実生活に支障はありません。
規律と調和を好む性質を持ち、肉体的には魔族の中で最も虚弱な系譜です。
理想の統治者を求める信仰によって生まれた魔族とされています。
 
 
《 異能 》  系譜》 《系譜一覧》 《異能一覧
魔力を内に秘めた力ある種族が持つ、特異な能力です。
それぞれの種族や系譜特有の異能の他、全ての種族が取得できる異能もあります。
以下は、全ての魔族が取得できる、汎用異能となります。
汎用異能は、キャラクター1体につき、最大でLV種類まで取得できます。
◇ 異能データ表の見方
『 命の聖餐 』 @
適正系譜:「不浄者」 「天使」 A
APコスト:2 B 消費カウント:1 C 射程PT:0〜1 D 範囲:単体 E
自身のHPを任意に減少させ、減少させた数値だけ、対象のHPが回復します。
これによって対象のHPが1以上にまで回復する場合、対象の〈戦闘不能〉を解除します。
自身のHPを減少させる際、減少後のHPを0以下にする事は出来ません。

自身の生命力を、他者へと分け与えます。 F
@ 異能の名称を記しています。
A 異能を取得するに適した魔族の系譜を記しています。
指定の魔族が取得する場合、APコストが「- 1」されます。
B 異能を使用するために必要なAPコストを記しています。
コストが不足していると、異能を使用する事は出来ません。
C 異能を使用する際に必要な消費カウントを記しています。
D 異能の射程距離を記しています。
有効射程外には異能を使用出来ません。
数値 指定のPT距離を有効射程となります。
移動 自身の「移動力」以内のPT距離までを有効射程とします。
兵器の操縦者である時は、兵器の「移動力」を適応します。
何かしらの理由で移動不可能な場合は、異能を使用出来ません。
E 異能の効果範囲を記しています。
自身 異能使用者が対象となります。
単体 射程内の1体を効果対象に指定できます。
半径◯ 射程内の任意の地点を起点として、
指定の数値の半径PTに存在する者全てが効果対象となります。
「異能判定」は一括で行い、ダメージ決定の際は個別に行います。
(選択) 自身を含めた任意の対象を、効果対象から除外出来ます。
この対象の指定は何時でも自由に変更できます。
(空間) 範囲内の空間そのものが対象となります。
空間内の存在に対し、自動的に効果が適応されます。
F 異能の効果と概要を記しています。
効果は明記がある場合を除いて重複しません。
 
 
《 異能一覧 》  系譜》 《系譜一覧》 《異能
 
『 溢れる聖水 』
適正系譜:「黒山羊」 「天使
APコスト:4 消費カウント:1 射程PT:0 範囲:単体
対象の〈毒〉を解除します。
また、病気の発病と悪化を、アフタープレイに到るまで阻止します。

病や毒を抑える神秘の水を、手のひらに生み出します。
 
『 以心伝心 』
適正系譜:「龍人」 「天使
APコスト:3 消費カウント:1 射程PT:0〜4 範囲:単体
以後、どれだけ距離が離れていても、対象と意識を通じて会話を行えます。
この時、意思疎通が可能なのは、伝えたいと思っている事のみに限られます。
対象が言葉を使用しない存在の場合には無効となります。
この異能はアフタープレイに至るまで持続し、カウント無消費で任意解除が行えます。
ただし、解除されるまで、別の対象へ使用する事は出来ません。

意志を通じ合わせた相手と、念話によって会話します。
 
『 命の聖餐 』
適正系譜:「不浄者」 「天使
APコスト:2 消費カウント:1 射程PT:0〜1 範囲:単体
自身のHPを任意に減少させ、減少させた数値だけ、対象のHPが回復します。
これによって対象のHPが1以上にまで回復する場合、対象の〈戦闘不能〉を解除します。
自身のHPを減少させる際、減少後のHPを0以下にする事は出来ません。

自身の生命力を、他者へと分け与えます。
 
『 音無しの枯れ枝踏み 』
適正系譜:「黒狼」 「影魔
APコスト:4 消費カウント:2 射程PT:- 範囲:自身
以後、歩兵時に行う「隠身判定」に「+ 2」のボーナスを得ます。
この異能は、シーン終了まで持続し、1カウント消費で任意解除出来ます。

移動時に発する音を消し去り、気配を気取られないようにします。
 
『 踊る人形 』
適正系譜: 「影魔」 「不浄者
APコスト:5 消費カウント:2 射程PT:0〜5 範囲:単体
対象は、異能使用者を支配者とする〈支配〉を受けます。
この異能は、「△(兵器)」と「□(物体)」に対しては無効となります。

魔力の糸で、相手の身体を支配し、操ります。
 
『 御神酒の手酌 』
適正系譜:「黒山羊」 「天使
APコスト:4 消費カウント:1 射程PT:0 範囲:単体
対象のAPを「LV+ 魔力 + 運命 + 2D6」点回復します。
「異能判定」が「クリティカル」の場合、APが最大値まで回復します。
この異能は、アフタープレイに至るまで再使用出来ません。
また、運命が「0」の対象には無効となります。

魔力を回復させる神秘の美酒を、手のひらに生み出します。
 
『 影の群れ 』
適正系譜:「影魔」 「不浄者
APコスト:5 消費カウント:2 射程PT:0〜5 範囲:半径0(選択)
対象に〈転倒〉を与えます。
「異能判定」が「クリティカル」の場合、さらに〈威圧〉を与えます。
この異能は、「飛行状態」の対象には無効となります。

自身の影から使い魔を放ち、相手を地面に引き倒させます。
 
『 影法師 』
適正系譜:「影魔」 「不浄者
APコスト:5 消費カウント:1 射程PT:0〜5 範囲:単体
以後、対象がどれだけ離れていても、対象を「庇う」事が出来ます。
この異能は、シーン終了まで持続し、カウント無消費で任意解除出来ます。
ただし、これによる「庇う」を行うと、直後に持続時間が終了します。

自身の影を対象に追従させ、対象の身代わりとさせます。
 
『 霧渡り 』
適正系譜:「影魔」 「不浄者
APコスト:9 消費カウント:2 射程PT:- 範囲:自身
「2PT以内」の任意の場所へ、移動を阻害する要素を無視して移動します。
異能判定」が「クリティカル」の場合、移動範囲が「4PT以内」となります。
ただし移動先は、視認出来る、立つ事が出来る程度の開けた地上に限られます。

己を所持品ごと霧と化して、障害物をすり抜けます。
 
『 強者の咆哮 』
適正系譜:「黒狼」 「龍人
APコスト:3 消費カウント:1 射程PT:0 範囲:半径3(選択)
対象に〈威圧〉を与えます。
「異能判定」が「クリティカル」の場合、さらに〈転倒〉を与えます。
この異能は、運命が「0」の対象には無効となります。

周囲に、魂までも震わせる凄まじい咆哮を放ちます。
 
『 朽ちたる檻 』
適正系譜:「黒山羊」 「天使
APコスト:5 消費カウント:2 射程PT:0〜4 範囲:単体
対象のHPに「DP + 魔力」のダメージを与えます。
「異能判定」が「クリティカル」の場合、上記の効果が「+ 1D6」されます。
このダメージは、GPでは軽減されず、「魔力」で軽減できます。

対象の肉体を負傷させ、無機物を損壊させます。
 
『 穢れの色 』
適正系譜:「不浄者」 「天使
APコスト:4 消費カウント:1 射程PT:0 範囲:範囲30(空間)
アンデッドの存在を察知し、視界を無視して、その位置を把握します。
察知されたアンデッドは、この異能の対象となった事を自覚しません。
ただし、アンデッドの外観やLVなど、強さを把握するための情報は一切わかりません。
この異能は、自身の次のターン開始時まで持続します。

不浄な穢れを感じ取り、咄嗟の遭遇や不意打ちに備えます。
 
『 賢知の彗眼 』
適正系譜:「影魔」 「黒山羊
APコスト:5 消費カウント:1 射程PT:- 範囲:自身
任意に、あらゆる判定の基準値を「魔力」に変更できます。
この異能は、シーン終了まで持続し、
1回効果が発揮されると、即座に持続時間が終了します。
また、この異能は、1シーンに1回のみ使用できます。

限定的な予知能力を得て、その情報を元に有利に動けるようになります。
 
『 御利益:◯◯ 』
適正系譜:なし
APコスト:- 消費カウント:- 射程PT:- 範囲:自身
名称の◯◯は、任意の判定能力値となります。
指定した判定能力値一種類を、恒久的に「+ 1」します。
この異能は、判定能力値別にそれぞれ取得出来ますが、重複指定は出来ません。

信者が魔族に望むささやかなご利益を、その身に反映させる異能です。
 
『 混沌の檻 』
適正系譜:「影魔」 「不浄者
APコスト:10 消費カウント:1 射程PT:- 範囲:自身
即座に、PPを「運命」点取得します。
以後、アフタープレイに至るまで、BPPPを上回っている間、〈威圧〉を受けます。
これによって受ける〈威圧〉は、いかなる手段でも解除出来ません。
また、アフタープレイに到るまで、再使用不可能となります。

混沌の中に己を見出す事で、奇蹟の一欠片を得ます。
 
『 沈まぬ膝 』
適正系譜:「黒狼」 「天使
APコスト:4 消費カウント:1 射程PT:- 範囲:自身
〈転倒〉を無効化し、「軽業判定」に「+ 4」のボーナスを得ます。
また、既に〈転倒〉を受けている場合、〈転倒〉は即座に解除されます。
この効果は、自身が操縦する兵器にも適応されます。
この異能は、次のラウンドのエンドフェイズまで持続します。

強靭なバランス感覚で、体勢を崩すこと無く維持します。
 
『 縮地 』
適正系譜: 「影魔」 「龍人
APコスト:5 消費カウント:1 射程PT:- 範囲:自身
即座に、3PTまでの距離を移動します。
「異能判定」が「クリティカル」の場合、移動距離が「+ 1PT」されます。
この移動は通常移動と扱い、兵器搭乗時は使用出来ません。

空間を転移したかの如く、瞬時に長距離を移動します。
 
『 魂追い 』
適正系譜:「黒狼」 「不浄者
APコスト:4 消費カウント:1 射程PT:0〜1 範囲:単体
以後、対象がどれだけ離れても、対象の居る方角と距離がわかります。
対象は、この効果に自覚は持ちませんが、「抵抗判定」は行えます。
この効果はアフタープレイに到るまで持続し、1カウントの消費で任意解除が行えます。

対象の魔力の波長や匂いを記憶し、それを伝って追跡します。
 
『 地からの太陽 』
適正系譜:「黒山羊」 「天使
APコスト:3 消費カウント:1 射程PT:0〜10 範囲:半径3(空間)
範囲内の〈暗闇〉を照らし出し、無効化します。
また、この光源から発せられる光は、太陽光として扱います。
「異能判定」が「クリティカル」の場合、上記の効果に加えて、
範囲内の「アンデッド」はエンドフェイズにて、HPが「 1D6」点、減少します。
これはいかなる手段を以てしても、軽減できません
この異能は、シーン終了まで持続し、1カウントの消費で任意解除が行えます。
『常闇の新月』の範囲に重なると、即座に相殺しあい、共に効果が打ち消されます。

光源を生み出し、周囲一帯を照らし出します。
  
『 秩序の鎖 』
適正系譜:「黒狼」 「天使
APコスト:10 消費カウント:1 射程PT:- 範囲:自身
即座に、BPを「運命」点取得します。
以後、アフタープレイに至るまで、PPBPを上回っている間、〈威圧〉を受けます。
これによって受ける〈威圧〉は、いかなる手段でも解除出来ません。
また、アフタープレイに到るまで、再使用不可能となります。

秩序の中に己を見出す事で、奇蹟の一欠片を得ます。
 
『 中庸の楔 』
適正系譜:「黒山羊」 「龍人
APコスト:- 消費カウント:- 射程PT:- 範囲:自身
BPPPが共に「1以上」かつ「同値」である時、
「絆の奇跡」と「誇りの奇跡」の最終的な信仰値コストが、「- 1」されます。
この時、自身が適正系譜の魔族だった場合、「- 2」となります。
ただし、コストは最低でも「1」となり、無消費にはなりません。
この異能は、常に効果が適応されます。

秩序と混沌の狭間の中に自己を置く事で、絆と誇りの奇跡を引き寄せます。
 
『 紡がれる檻 』
適正系譜:「黒山羊」 「天使
APコスト:5 消費カウント:2 射程PT:0〜4 範囲:単体
HPを「DP - 1D6 + 魔力」点、回復させます。
「異能判定」が「クリティカル」の場合、上記の効果が「+ 1D6」されます。

傷ついた対象の肉体や、損壊した無機物をを再生させます。
 
『 鉄皮孔 』
適正系譜:「黒山羊」 「龍人
APコスト:4 消費カウント:1 射程PT:- 範囲:自身
GPが「+ 2」されます。
発動後、自身のターン開始時にAPが「- 1」されます。
これによりAPが「0」になった場合、この異能は自動的に解除されます。
この異能は、シーン終了まで持続し、カウント無消費で任意解除が行えます。

魔力を全身に巡らせ、高い耐久性を持たせます。
 
『 天よりの鉄槌 』
適正系譜:「黒山羊」 「天使
APコスト:15 消費カウント:2 射程PT:5〜10 範囲:半径2
対象のHPGPで軽減可能な「DP + 魔力 + 運命」のダメージを与えます。
また、対象が「□(物体)」であった場合、軽減後の適応ダメージが倍増します。
「異能判定」が「クリティカル」の場合、ダメージ効果が「+ 1D6」されます。

この異能は、天空から起点へ向けて隕石が落下する事でダメージを与えます。
GMは、この異能が範囲内に効果を及ぼすかどうかを、状況に合わせて裁定して下さい。

遥かな宙空から隕石を地上に落下させ、大爆発を起こさせます。
 
『 闘争の衝動 』
適正系譜:「黒狼」 「不浄者
APコスト:3 消費カウント:1 射程PT:- 範囲:自身
以後の「命中判定」に「+ 1」のボーナスを得ます。
同時に、「回避判定」に「- 1」のペナルティを受けますが、
「異能判定」が「クリティカル」の場合、このペナルティは受けません。
この異能は、シーン終了まで持続し、1カウントの消費で任意解除が行えます。

闘争本能に身を委ねる事で、防御を省みない攻撃を繰り出せるようになります。
 
『 常闇の新月 』
適正系譜: 「影魔」 「不浄者
APコスト:6 消費カウント:2 射程PT:0〜5 範囲:半径0(空間)
範囲内の明かりを無視して〈暗闇〉で満たします。
この異能は、シーン終了まで持続し、1カウントの消費で任意解除が行えます。
『地からの太陽』の範囲に重ねると、即座に相殺しあい、共に効果が打ち消されます。

光を飲み込む暗黒球を生み出し、周辺一帯を闇に包み込みます。
 
『 止まらぬ進撃 』
適正系譜:「黒狼」 「龍人
APコスト:5 消費カウント:- 射程PT:- 範囲:自身
この異能は、自身が移動を行う際に、カウント無消費で任意に使用出来ます。
移動中に「封鎖」された際、即座に「突破判定」を行えます。
これにより「封鎖」を全て破った場合、そのまま移動を続ける事ができます。
この異能は、自身の次ターン終了時に自動的に解除されます。

相手を吹き飛ばすほどの猛烈な突進により、封鎖を押し通ります。
 
『 縄張りの印 』
適正系譜:「黒狼」 「龍人
APコスト:6 消費カウント:2 射程PT:0 範囲:半径10(空間)
範囲外から範囲内に入り込んだ侵入者の存在を即座に察知します。
この時、侵入者の情報は一切分かりませんが、数と、侵入した方角はわかります。
侵入者は、この異能の効果に対して自覚を持ちませんが、
侵入時に、この異能の判定達成値を目標値とする「抵抗判定」を行い、
これに成功すると、侵入の察知を無効化出来ます。
この異能は、アフタープレイに至るまで持続し、1カウントの消費で任意解除が行えます。
また、効果が解除されるまで、再使用出来ません。

己の領域を示す結界を生み出し、外から入り込んだ者を察知します。
 
『 化けの皮 』
適正系譜:「黒狼」 「影魔
APコスト:5 消費カウント:2 射程PT:- 範囲:自身
自身の素の姿と声を、既知の他者のものへと変化させます。
ただし、変化出来るのは「人間」か「(PCに指定可能な)魔族」の姿に限られます。
これにより、データが変動する事はなく、所持中のアイテム外観も変化しません。
変化を見破るには、異能達成値を目標値とする「感知判定」に成功する必要があります。
この異能は、シナリオフェイズ終了時まで持続し、1カウントの消費で任意解除が行えます。

姿を他者へなりすまし、油断を誘います。
 
『 破砕の吐息 』
適正系譜: 「黒山羊」 「龍人
APコスト:5 消費カウント:2 射程PT:2〜4 範囲:半径1
対象のHPに「DP + 魔力」のダメージを与えます。
「異能判定」が「クリティカル」の場合、上記の効果が「+ 1D6」されます。
このダメージはGPで軽減できます。

自身の魔力を破壊のエネルギーに変えて、広範囲に吐き出します。
 
『 発勁 』
適正系譜:「黒山羊」 「龍人
APコスト:4 消費カウント:1 射程PT:- 範囲:自身
運命が「1以上」の対象に、副兵装『格闘』で攻撃を行う際、DPを「+ 1D6」します。
この異能は、自身の次のターン開始時まで持続します。

相手を内側から破壊する魔力を、己の四肢に巡らせます。
 
『 不屈の肉体 』
適正系譜:「黒狼」 「不浄者
APコスト:5 消費カウント:1 射程PT:- 範囲:自身
HPが「LV + 魔力」点、回復します。
「異能判定」が「クリティカル」の場合、上記の効果が「+ 1D6」されます。

自身の傷ついた体を再生します。
  
『 震える世界 』
適正系譜:「黒山羊」 「龍人
APコスト:6 消費カウント:2 射程PT:0 範囲:半径2
自身を除く、対象のHPに「DP」のダメージを与えます。
「異能判定」が「クリティカル」の場合、上記の効果が「+ 1D6」されます。
このダメージは、GPで軽減できず、魔力で軽減出来ます。

周囲を破壊する程の魔力を一気に開放します。
 
『 魔獣化 』
適正系譜:「黒狼」 「龍人
APコスト:6
消費カウント:1 射程PT:- 範囲:自身
移動力が「+ 1PT」され、「封鎖」に関して自身を兵器として扱います。
発動中は兵器への搭乗が不可能となり、搭乗中はこの異能を使用出来ません。
発動後、自身のターン開始時にAPが「- 2」されます。
これによりAPが「0」になった場合、この異能は自動的に解除されます。
シーン終了まで持続し、1カウントの消費で任意解除が行えます。

身体を魔獣の姿に変化させる事で、移動力を高め、兵器をも受け止めます。
 
『 見えざる盾 』
適正系譜:「黒山羊」 「天使
APコスト:6 消費カウント:1 射程PT:0 範囲:範囲2(選択)
対象が受ける最終的なあらゆるダメージを「2」点軽減します。
「異能判定」が「クリティカル」の場合、上記の効果が「+ 2」されます。
この効果はシーン終了時まで持続します。

対象に攻撃を弾く結界を張ります。
 
『 見切り 』
適正系譜: 「影魔」 「龍人
APコスト:5 消費カウント:1 射程PT:- 範囲:自身
自身が行う判定の達成値を、判定後に任意に「+ 2」出来ます。
「異能判定」が「クリティカル」の場合、適応する判定を「クリティカル」にします。
この異能は、シーン終了まで持続し、
1回効果が発揮されると、持続時間は即座に終了します。
また、この異能はシナリオフェイズ終了時まで再使用出来ません。

魔力を全身に巡らせ、限定的に集中力を強化します。
 
『 水鏡の従者 』
適正系譜:「影魔」 「不浄者
APコスト:8 消費カウント:2 射程PT:- 範囲:自身
自身と同じ姿と声を持つ「エキストラ」の分身を1体、0PT距離内に生み出します。
生み出された分身は、自身が自由に使役でき、五感を共有出来ます。
分身と見破るには、この異能の判定達成値を目標値とする「感知判定」の成功が必要です。
この異能は、アフタープレイに到るまで持続し、1カウントの消費で任意解除が行えます。
なお、分身が纏う衣服や衣装は任意に指定が可能です。

己の分身を生み出し、使い魔として使役します。
 
『 柳の如く 』
適正系譜:「黒狼」 「龍人
APコスト:3 消費カウント:1 射程PT:- 範囲:自身
以後の「回避判定」に「+ 1」のボーナスを得ます。
同時に、「命中判定」に「- 1」のペナルティを受けますが、
「異能判定」が「クリティカル」の場合、このペナルティは受けません。
この異能は、シーン終了まで持続し、1カウントの消費で任意解除が行えます。

空気の流れと一体化する事で、攻撃を事前に察知し、回避能力を上昇させます。
 
『 闇の見透かし 』
適正系譜: 「影魔」 「不浄者
APコスト:3 消費カウント:1 射程PT:- 範囲:自身
暗闇による視界ペナルティを無効化します。
この異能は、シーン終了まで持続し、1カウントの消費で任意解除が行えます。

闇を見通す五感を得ます。
 
『 揺るがぬ統率 』
適正系譜:「黒狼」 「天使
APコスト:5 消費カウント:1 射程PT:0 範囲:範囲2(選択)
対象が〈威圧〉あるいは〈支配〉を受けた際、自動的に無効化します。
既に上記のBSをうけていた場合、それを即座に解除します。
この異能は、シーン終了時まで持続しますが、
上記の効果のいずれかを受けた対象は、その時点で効果が終了します。
この異能は、運命が「0」の対象には無効となります。

対象の心を鼓舞し、士気の崩壊を防ぎます。
 
TOP