【 ゲームの概要と諸注意 】
 
ゲームの概要 独自設定用語の説明》 《遊ぶ上での諸注意 
 
 ゲームの概要 》 独自設定用語の説明》 《遊ぶ上での諸注意
 
◇ おおまかな世界観
ゲームの舞台となる世界は、「ドリームランド」の名を与えられています。
ドリームランドには、様々な種族が弱肉強食の始原の法の元に暮らしており、
プレイヤー(以後PL)達の分身であるプレイヤーキャラクター(以後PC)は、
銃器や兵器で武装した人間の生存圏内を活動拠点として、
巨人やアンデッド等、強大な敵をはじめとする様々な困難に立ち向かう事となります。
 
◇ PCの立ち位置
PC達は、全員が「魔族」と呼ばれる、力ある存在です。
魔族であるPCは、国家において人間達より上位の階級に属し、
弱き存在を助け邪悪な敵対者を打ち倒す「英雄」の義務を負います。
 
◇ PCの目的
PCの目的は、人々の信仰を集め、魔族としての栄光を掴む事です。
具体的には、兵士として危険な前線に立って強大な敵を打ち倒し、
その実績によって人々の信仰を集め、より強大な魔族に成長する事です。
そのために、魔族は人間たちの社会に溶けこみ、
力をアピールして信仰を維持し、そしてさらに強固にしなければなりません。
 
 
《 独自設定用語の説明 》 ゲームの概要》 《遊ぶ上での諸注意
 
◇ ドリームランド
様々な環境を有する、このゲームに存在するあらゆるキャラクターが住む世界です。
人間や魔族、動物や魔獣、巨人やアンデッド等、様々な生物が存在します。
凶暴で強靭な生物や、険しい自然で覆われた、とても厳しい環境となっています。
この名は人間達が名付けたものですが、今では知的種族に共通して使用されています。
 
◇ 人間
最も最初に生まれでたとされる、文明を持った知的生物です。
ドリームランドでは弱小な生物に属し、文明の利器を以てしても未だ食われる側です。
人間の祈りは魔族を生み出し、彼らの庇護下に入る事で、生存圏を維持しています。
現在の文明規模は、電気や無線を活用し始めた20世紀初頭から半ばまでの段階です。
ただし、都市間を結ぶ列車は、線路の維持が事実上不可能なため、発達していません。
石油燃料はありませんが、魔油と呼ばれる特殊な鉱物資源がその代用となっています。
 
◇ 魔族
人間の祈りによって生まれた、超越存在です。
人間からの信仰心によって、魔族はその性質と力の強さを大きく変動させます。
魔族は得ている信仰心によって、様々な奇跡を起こす事が出来ます。
魔族は異能と呼ばれる能力を有し、奇跡を用いずとも絶大な力を振るう事が可能です。
 
◇ 傭兵
人間や魔族の中で、比較的自由に活動できる者が就く、戦闘職です。
戦う術を持たない人々に代わって、驚異となる外敵を打ち倒すために活動します。
傭兵は人間達の間では軍隊と並んで名誉ある職業として扱われており、
彼らを支えるための様々な優遇処置や専用施設が整えられています。
 
◇ 奇跡
魔族が発動する事が出来る、特殊な能力です。
奇跡は運命を改変し、発動者にとって望む現象をこの世に顕現させます。
そのためには、バンドとプライドという特殊なコストを必要とします。
 
◇ バンド
魔族が得られる、「絆」とも呼ばれる奇跡の源です。
バンドによって発動できる奇跡は、己の限界を超えた活躍を可能とするものとなります。
バンドは、他者から「信頼」「情愛」等の好感情を抱かれる事で、得る事が出来ます。
 
◇ プライド
魔族が得られる、「誇り」とも呼ばれる奇跡の源です。
プライドによって発動できる奇跡は、支援や阻害等、他者に干渉するものとなります。
プライドは、人々から「忌避」「恐怖」等の悪感情を抱かれる事で、得る事が出来ます。
 
◇ ペドラー/トレーダー
都市間の物流を担う、行商人達の集団をペドラーと呼びます。
彼らは危険な都市外の世界を旅するため、常に危険と隣り合わせとなっています。
トレーダーとは、ペドラー達が集まって建国した「ペドラー同盟」の国民を表します。
彼らの旅の安全のために、傭兵達が駆りだされる事がよくあります。
 
◇ 邪神
人間を守護するのではなく、支配するためにその力を使う魔族をこう呼びます。
彼らは歪んだ信仰心によって、通常の魔族の限界を超えた力を有しています。
邪神は「悪夢の檻」と呼ばれる結界を張り、その中を己の領土として君臨します。
その恐怖統治は人々に恐怖と絶望を与え、それにより邪神はさらに強くなっていきます。
 
◇ 巨人
通常の人間より遥かに巨大な体躯を持つ、凶暴な知的種族です。
文明規模は紀元前の鉄器時代相当であり、投槍と短剣を主な武器としています。
その食欲は凄まじく、捕らえた人間を食用の家畜として扱っています。
 
◇ アンデッド
人々の死の恐怖や未練が生み出す、異形の存在です。
主に腐敗した死者や、幽霊、骸骨の姿を持って、何処からとも無く現れます。
その行動は敵対的かつ破壊的で、あらゆる生物の敵として扱われます。
上位存在である吸血鬼は、下級のアンデッドを率い、社会に混乱をもたらします。
 
《 遊ぶ上での諸注意 》 ゲームの概要 独自設定用語の説明
 
◇ 遊びたい内容の擦り合わせを行いましょう
参加者はそれぞれが独自の世界観やプレイスタイルを持っています。
設定やルールは、ある程度の指針を示す事で、参加者内でのプレイ方針を誘導します。
しかし、TRPGは想像力で楽しむゲームでもあり、そこですれ違いが起こります。
想像のすれ違いによる想定外の展開は、その多くがゲームの楽しみを阻害します。
この時、各個人のプレイスタイルが激しく対立してしまうと、後々尾を引いてしまいます。

このトラブルは、事前の擦り合わせを行う事で、その発生率を大きく軽減できます。
参加者は、他の参加者のプレイスタイルを確認し、許容の幅を調整してください。

GMは、今回はどういうジャンルのシナリオやノリで遊ぶ事を想定しているかを、
事前にPLへ公開する事で、PLも心の準備が出来るでしょう。
シナリオの導入をおおまかに公開しておく事も、有効な手です。
これにより、「派手なヒーローアクション映画」を想定しているPL相手に、
「悲惨な戦争映画」を想定したシナリオを行って事故が起こる事を防ぐ事が出来ます。

「今回はどういう遊びをするのか」という共通の指針を、大事にしてください。
 
◇ GM裁定には従いましょう
GMはゲームの裁定者であり、世界設定の管理者でもあります。
PLはGMの裁定や描写について、運用ミス以外はGMの裁定に従って下さい。

運用ミスにしても、その場を遡っての修正はしないようにして下さい。
その時の結果によって経た現在までの過程が、矛盾する事になるからです。

もしゲーム中に不幸にも事故が起こってしまった場合、
その場で誰かに対して文句を言ったりするような事はしてはいけません。
そういった事は、ゲームを終了させてから反省会を開き、問題提議で行ってください。

この時、決して、反省会を感情的な糾弾会にしてはいけません。
糾弾の捌け口にされた人は、とてつもない不満を抱えてしまいます。
また、厳しく糾弾する態度は、自身が糾弾される要因となりかねません。
あくまで問題を改善するための議論を行い、冷静に努めてください。

TRPGは、参加者が皆で楽しい時間を過ごすためのツールだという事を、
決して忘れないでください。
 
◇ 自分の好みに固執しないようにしましょう
このゲームの舞台世界の外観や文化は、20世紀前半のヨーロッパ方面や、
19世紀前半の日本等をモデルに設定していますが、これはあくまで、
ゲーム世界での生活の雰囲気を感じてもらうためのものです。

そのため、厳密な歴史検証や軍事知識等を要求すると、まず間違いなく破綻します。
あくまでゲームの仮想世界である事を前提に、プレイを行って下さい。
 
TOP