【 堕ちた神子と奈落の魔王 − T 】

__《 無垢なる夢 》________________________________

 『神子』の魂が堕落した時、『無垢なる夢』を見る事となります。それは『啓示の夢』で見る、《宝物》との幸福な日々の光景が崩壊していくものではなく、逆に崩壊したそれらの世界が、再構築されていくものとなります。夢見る者はそれを落下感と浮遊感の中で見上げながら、自らを『魔女』へと導いた超常なる存在と邂逅します。

 自由を渇望せし者には、白き魔王。それは『アスモデウス』。

 魔女への復讐を渇望せし者には、赤き魔王。それは『ルシファー』。

 叡智と世界の真理を渇望せし者には、黒き魔王。それは『ダンタリアン』。

 それら魔王のいずれかに魅入られた者は、その肉体を現世に置きながら、魂は、永劫、現世と奈落との境界に縛られます。もはや天上へと至る事は叶わず、かくて『魔女』へと至る者は、その証である『烙印』が刻まれ、『奇跡と加護』は『魔術と庇護』へと変化します。

 夢より覚めた者は、『神子』においての『イデア界の修道院』に相応する、それぞれの魔王たちが作り上げた『サバトハウス』へ出入りする権限を与えられ、そこで同じく堕落した、あらたな同胞たちに迎えられ、あらたな守護天使『黒山羊』の管理下へと置かれます。

__《 魔王よりの使命 》_____________________________

 『魔女』は、盟主たる魔王より、以下の絶対の使命を与えられ、それを元に行動します。

  アスモデウスよりの使命は「探求」。
 渇望するものあらば、それを肯定し、求め続ける事。

  ルシファーよりの使命は、「鏖殺」。
 「残してはならぬ名」を持つ神への信仰と、それを補助する存在の完全なる撲滅。

  ダンタリアンよりの使命は、「探索」。
 世界に散る『禁書』を求め探しだし、魔王へ届け捧げる事。

 『魔女』は常時監視されており、これに反する動きは「裏切り」とみなされ、警告を無視するならば、凄絶なる粛清が与えられます。

__《 神子との違い 》_______________________________

 かつての《穢れ》は《リビドー》へと名称が変化し、《堕落レベル》は「0」に初期化された上で《奈落レベル》へ名称が変化します。『奈落レベル』が「13」に至ると、肉体もろとも魂が『奈落』へと、『猟犬』と呼ばれる異形の獣へと引き釣りこまれ、【ロスト】します。

 《魔術妨害》の術を得ます。

 『魔女』へと堕落した時に、最も深い《罪》1種を原罪とする《大罪の烙印》と《原罪の庇護》の《魔術》を行使できるようになります。

 『イデア界への修道院』からは追放され、『アルコーン』と『羊飼い』、そしてそこでの生活の記憶のすべてと、そこに至る《銀の鍵》は失われます。

 《悪霊払いの収穫祭》は《ヴァルプルギスの夜》となり、祈る対象は『黒山羊』へと変化します。

__《 カヴン 》__________________________________

 『魔女』が『黒山羊』よりの使命を与えられ、集団で行動する際に作られる小集団です。『カヴン』の結成を許可した『黒山羊』を『守護者』とし、リーダーを『司祭長』に、その他を『助祭』として、「互いを害してはならない」という誓約を誓い合います。

 《ヴァルプルギスの夜》はこの『司祭長』が『守護者』へ祈る事で展開できます。結界内の光景は、『守護者』の創りだす異常なる世界となります。  
 

【 堕ちた神子と奈落の魔王 − U 】

__《 アスモデウスのサバトハウス 》_______________________

 アスモデウスのサバトハウスの光景は、宮殿というよりは高級旅館じみており、大広間は『魔女』が集うロビーとして開放され、しばしば「魔女のお茶会」が開かれています。ロビーから繋がる通路の中には『魔女』が疲れを癒すための個室が並んだ区域が用意されています。

  特色は「食事以外が贅沢の極み」である事です。サバトハウス内では、食事の供給は「栄養もなくひたすら糞不味いだけの、料理と言えない料理」以外の供給が一切行われておらず、また食材や飲食物の持ち込みは禁止されています。

 しかし『魔女』に与えられる個室は、王宮の王族もかくやという絢爛豪華、クローゼットには華々しい衣装が並んでいます。また、それぞれの部屋で、裏切り行為以外の何を行おうが自由であり、麻薬の持ち込みも許可されています。

 『魔女』はそれらの贅沢を堪能してしまうと、もはやその贅沢から逃れる事は困難です。また、食事が全く与えられないので、長期滞在は乾きと飢餓に襲われる事となります。このため、『魔女』は『黒山羊』よりの使命を受けて、あの贅沢を維持するために、美食を味わうために、現世へと戻って、渇望を満たすために積極的に活動を行います。

 なおサバトハウスでは、どれも同じ姿の、二又に別れた鼠の尻尾のように長い裾の燕尾服姿の少年少女が使い魔「ブラッキー」としてサバトハウスの維持を行っています。ただ、仕える『黒山羊』によって、ブラッキーの性格は豹変します。

__《 ルシファーのサバトハウス 》________________________

 ルシファーのサバトハウスは、天上の楽園とはかくもあるやというばかりの、栄光と輝きに満ちた大宮殿です。宮殿にはルシファーをかたどった黄金の彫像がいたるところに陳列されており、城壁には同様に剣を空に向けたルシファーの胸像が延々と立ち並んでいます。内装もまた、この世の支配者であれば相応であろう気品と威厳にあふれたものです。

 特色は、とにかく規律が厳しい事です。アスモデウスのサバトハウスのような自由は一切認められず、王の近衛兵ばりの格式が求められます。そこでの生活は完全管理された兵士宿舎そのものであり、黒山羊『ベリアル』による戦闘鍛錬が延々繰り返されます。『魔女』はこのサバトハウスで生活しており、現世に【家】を持つ事は基本的にありません。

 『魔女』はまずターゲットを発見するために目立たぬよう監視の旅を行い、発見次第襲撃をかけるのが基本となります。この単独の狩人が全国に散らばっており、その性質は【魔狩人】に近く、実際にその構成員は【魔狩人】であった者が多くなっています。死亡者が出た場合、黒山羊『ネビロス』が回収し、蘇生を試みます。

__《 ダンタリアンのサバトハウス 》_______________________

 ダンタリアンのサバトハウスの光景は、超階層吹き抜け構造の巨大な図書館です。一度迷ってしまえば帰還は困難であり、このため、入り口の大広間と図書館は鉄格子によって区切られています。図書館内部に入ったり本の閲覧を求めるならば、大広間の一角にある司書室の主ダンタリアンそのものにその許可を求めなければなりません。

 蔵書の内容はこれまで教国内や蛮族領から集められたあらゆる分野の書物や石版、あるいは古代文明時代の希少な情報媒体で、焚書されたものを修復したものや補完したもの、そして危険極まる『禁書』で占められています。『禁書』が収められた書架の区域は絶対立ち入り禁止の『禁書室』であり、閲覧や貸出はまず認められません。

  館内での抗争や加害行為は厳禁です。大広間の通路はアスモデウスのサバトハウスに繋がる扉があり、行き着できます。ルシファーのサバトハウスに繋がる扉もありますが、普段こちらは空間が繋がっていません。その理由は、ルシファー陣営はその攻撃性によって、館内でターゲットとなる魔女狩りを強行するなど問題を多発させるからです。

 ダンタリアンは基本的に『黒山羊』を一切配下に置こうとしません。その理由は中立性の維持のためです。『魔女』の導きも魔王が直接行い、広大なる図書館は異形の使い魔のみで維持管理されています。『魔女』に与えられる使命はただ1つ。『禁書』の回収です。


【 堕ちた神子と奈落の魔王 − V 】

__《 いかにして黒山羊と魔王は生まれたか 》__________________

 『黒山羊』とは、奈落という現世を元に生み出された混沌とした荒涼の世界にて、神によって幽閉されている力ある超常の存在です。彼等はかつて天上にて創造主に仕える天使としてあり、人間のための楽園を創造するために生み出された管理者達でした。彼等は創造のために『ラジエルの書』によって、世界創造と世界改変の力を得て、それにより楽園を人間にとって快適な環境を作り上げてきました。

 しかし、アザゼルという天使が楽園の人間に『ラジエルの書』の知識を与えるという禁忌を犯し、それによって営々と作り上げられてきた楽園は、それより遙かに短い期間にて荒廃し、神は楽園を廃棄しました。アザゼルは永遠の幽閉刑を受け、崩壊した楽園、現世を模して生み出された世界の何処かへと封印されました。残された天使たちは、生き残った人間がかつての楽園で生きていた人間のように天上へ至る資格を得られるよう見守る使命を命ぜられましたが、生活向上や発展を促す介入を禁じられました。

 神は、新たな楽園の世界を、新たに生み出した天使に創造を任せ、古き楽園は古き天使どもども放置されました。石器時代にまで逆行した人間は楽園にあった時代とは程遠い蛮性を帯び、幾千幾万の年月を経ても新たな楽園へ迎える資格ありと認められたのはただ1人のみでした。

 やがて、楽園を守護する軍団長の立場にあったルシフェルという天使は人間に絶望し、無為な悠久の年月を強いた神に憤り、決別と、神への成り代わりを宣言します。ルシフェルは楽園の管理者達を率い、天上へと攻めこみ、新しき天使たちを圧倒しました。新しき天使たちは、『ラジエルの書』の知識の断片に相応する力を有していなかったため、神の居座へ反乱軍の侵入を許してしまいます。

 反乱は一瞬で決着がつきました。瞬き。ただそれだけで、古き天使達は、奈落へと叩き落とされました。数多の天使はその名が貶され、ルシフェルはルシファーへと変貌しました。奈落の世界から脱出しようにも、猟犬という神の御使いに阻まれ、反乱は失敗に終わりました。以後、彼等は荒廃した楽園よりも荒れ果てた奈落の世界を自らの世界とする他なくなったのです。天使であった彼等は奈落の瘴気に侵食され、天使から『黒山羊』へと堕落しました。そうして生まれた『黒山羊』という堕天使達の中で特に強大な力を有する者が、『魔王』として彼等の指導者となったのです。

 奈落へと叩き落とされ『黒山羊』と化した者たちは、楽園を創造した『ラジエルの書』の知識にて、彼等は自らの居城サバトハウスを作り出し、そこに篭もります。これによって一応の安定を得た『黒山羊』は、現世へ至る、猟犬が嗅ぎ付けられぬ程の小さな空間の穴を見つけ出します。『黒山羊』はその穴をくぐれるほどに力を弱めた分身、『化身』を送り込み、現世の状態と天上の様子を探るための旅を始めました。

 その旅は、結果として、彼等『黒山羊』を分裂させ、終わりなき抗争状態へと導きます。現世の旅にて見つけたもの、それは『ラジエルの書』、その紙片。紙片はそれだけで、楽園の残骸を未だに維持し、それどころか異界を生み出していました。異界の罠や異形によって多くの化身が犠牲となりながらもついに紙片を手に入れた『黒山羊』に、あの猟犬が襲いかかりました。紙片を化身が有すると猟犬に嗅ぎつけられる。それほどに強力な紙片だったのです。

 これを集め、『ラジエルの書』を復活させれば、その叡智を全て得れば、猟犬を逆に狩り取る事ができるかもしれない。このラジエルの書をめぐる議論は、神の打倒を第一とする復讐派、神に恭順し恩赦を得る事を望む恭順派、そして神に復讐も恭順もせず、奈落と現世を己の領域する決別派に別れ、以後これらの派閥で凄惨な闘争と抗争の日々が繰り広げられるようになったのです。

__《 奈落とは何か 》_____________________________

 奈落とは、神が罪人を幽閉するために創造した、牢獄の世界です。自然に草木が生える事なき不毛の世界にして、地から湧き出る水は毒を含んでいます。現世を模していながらも、それをおぞましく悪意をもって醜悪なものとした世界、それが奈落なのです。

 奈落には現世のように原生する動物や住人がいますが、それらに人として好ましいと感ずる要素はありません。怒り、怠惰、傲慢、暴食、色欲、強欲、嫉妬。7種の悪徳それぞれのみを凝縮したかのような、純粋に醜悪なものども、それが奈落の住人なのです。奈落に身をおくものは、その世界を包む瘴気に汚染され、肉体は醜く変貌ます。それにより正気は失われ、身も心も怪物となって世界を徘徊する事となります。  
 

【 堕ちた神子と奈落の魔王 − W 】

__《 奈落の魔王 − A 》____________________________

【 アスモデウス 】
性別 年齢 外見10代 階級 魔王
魅力 《猫目の顔立ち》 《小柄な体型》 《カリスマ》 《愛嬌のある声質》 《アルビノ》
性癖 《観察》 《観光》 《談笑》
「求めよ。さらば、楽園は与えられん、ってね!」

 10代前半の、全身白無垢の美少女の姿を愛用する魔王です。気分によって、少女を維持しつつ外見をよく変化させています。その性格は素直にして厚顔無恥、好奇心のみにて動き、気まぐれで出来ているかのような性質を有します。

 変化と混乱を愛し、その様子を観察して楽しむ嗜好のままに活動しており、『魔女戦争』を起こしたのも計画的なものではなく、教国の不安定に火を付け、それが燃え上がる様を楽しんでいた放火魔のような動機によるものです。『魔女戦争』での敗北は彼女にとってそれすらも楽しみでしかありませんでした。アスモデウス教団の実務を配下の7名の『黒山羊』が担っているのは、彼等の盟主がこうした無責任で享楽的な愉快犯でしかないからなのです。

 彼女はかつて、アザゼルによって叡智を与えられた人間『ネフィリム』の末路に立ち会った際、彼らが楽園を破滅へと導いた罪で神の粛清を受ける光景に対し、絶望に沈む天使たちの中で唯一、「すごい玩具を見つけたような興奮した笑顔」を浮かべていたといいます。

 その後、天使の反乱に参加し、敗れて奈落に幽閉された彼女は、生き残った力なき人間に、わずかに奇跡を起こす力《魔術》を与え、『魔女』を魔王の中で初めて生み出すに至ります。

 それは『ネフィリム』を彷彿させ『黒山羊』へと堕ちた者たちのトラウマを刺激しましたが、やがて現世にて活動する際に『魔女』は都合がいいという事が実証されると、多くの魔王はかつての禁忌をなぞるように、彼女にならって配下の『魔女』を現世に生み出すようになりました。

【 ルシファー 】
性別 年齢 外見20代 階級 魔王
魅力 《中性的な顔立ち》 《カリスマ》 《典雅な声質》 《美肌》 《美髪》
性癖 《戦闘》 《支配》 《主従》
「この俺を愚弄した罪、死すら生ぬるいぞ!」

 かつての楽園を守護する軍団長であり、創造主に反旗を翻しその座を奪う事を図った堕天使の長にして、『奈落』において最も強大な武力と勢力を有する大魔王です。

 この世の強き美を全て結集したかのような圧倒的なカリスマと美麗さを誇り、それに見合う真紅に輝く武具を纏っています。しかし、その性格は傲慢の象徴とされうる程に傲岸不遜にして残虐非道。味方であっても過酷な規律の支配下にてこれを統率します。

 その行動理念は「神への復讐」であり、この世から神の権威を完全に失墜させる事に固執しており、神への信仰を掲げ続けていた部族を鏖殺し、結果として「残してはならぬ名」として貶める事に主要を果たしたのは、この大魔王でした。カヴェル教団の繁栄は、ルシファーの思惑に沿うものとして建国時にその体制を密かに保護し外敵に対処する契約を結んでいたためです。

 契約終了後は『ラジエルの書』を得て神に復讐を成すためダンタリアンと休戦協定を結んでおり、「残してはならぬ名」の信仰を根絶やしにするべく、暗殺者を差し向けています。


【 堕ちた神子と奈落の魔王 − X 】

__《 奈落の魔王 − B 》____________________________

【 ベルゼブブ 】
性別 年齢 外見40代 階級 魔王
魅力 《大柄》 《高貴な雰囲気》 《渋味のある声質》 《褐色の肌》 《美髭》
性癖 《食事》 《崇拝》 《主従》
「悔い改めよ。我らは負けた、いや、勝ち負けの土俵にさえ立てていなかったのだ。」

 かつて楽園においては天候操作や環境の浄化を管理する権限を有し、ルシファーの神への反乱の際は神の居座への道を切り開きました。奈落幽閉後は、神の絶対的な力に牙を折られ、復讐を決意するルシファーとの決別を宣言し、抗争状態へと至りました。

 現世にて神の信仰の保護を行おうとしましたが、奈落での抗争による余裕の無さ故に叶わず、神を冒涜するカヴェル教団の台頭を招く事となりました。

 教国建国後にマモン派閥から離れたダンタリアンから『ラジエルの書』の共同探索を求められれば、『ラジエルの書』を神に捧げれば免罪の機会を得られるとして、これを受諾しました。

 その際、カヴェル教団に、戦力、そして探索者として『神子』を提供する事を条件に、デミウルゴスを「残してはならぬ名」の新たな神の名とし、信仰の教義をゆっくりと挿げ替え、最終的に教団の乗っ取りを行う計画の黙認を取り付けました。

 そのために、ベルゼブブは『神子』に『啓示の夢』を見せ、『アルコーン』として真なる神への信仰へと誘導しています。

【 マモン 】
性別 年齢 外見50代 階級 魔王・教皇
魅力 《タレ目》 《小柄な体型》 《病的な雰囲気》 《胡散臭い雰囲気》 《しゃがれ声》
性癖  《浪費》 《惰眠》 《快楽》
「私はこれまで大いに人と神のために働いた。その分、自分のために働こうと思うのだよ。」

 カヴェル教国歴代教皇の本体にして、奈落に鎮座する強欲な魔王です。その姿は王というよりも、もっと地味で威厳のない、何処にでもいそうな中年男性を不健康にしたものです。

 かつて楽園の人間居住区創造の総指揮を取り、奈落幽閉後はルシファーの会計士兼建築家として雇用され、黄金の宮殿を建設しました。ですが、ルシファーの勢力下での規律はマモンの贅沢を愛する性質とは相容れず、決別の道を歩む事となりました。

 その後は自らの宮殿として、新たな自分のための楽園を作る事を計画しました。しかし奈落においてはルシファーとの関係から計画は頓挫し、現世にてその計画を続行する事としました。

 補佐にダンタリアンを雇用して後に計画は実行に移され、、互いに化身を送り込みカヴェル教団を設立、ついに教国の勃興を経て、「パンデモニウム」の都市建設を成しました。

 以後、見せかけの教皇選抜選挙にて、その度に新たに化身を当選させ続け、現在においてもその化身は「カヴェル13世」として「万魔殿」に君臨し続けています。

 ベルゼブブの企みには気がついていますが、彼はもはや宮殿にて贅沢ができれば、教義のすり替えが起ころうと何でもよいとして黙認しています。彼が妨害するのは自らの贅沢に差し障るかのみであり、当座その影響がほぼないと判断した事柄については興味を示しません。


【 堕ちた神子と奈落の魔王 − Y 】

__《 奈落の魔王 − C 》____________________________

【 ダンタリアン 】
性別 年齢 外見20代 階級 魔王
魅力 《スリムな体型》 《胡散臭い雰囲気》 《典雅な声質》 《美髪》 《美肌》
性癖 《衣装》 《本》 《研究》
「これも全て、『ラジエルの書』へ繋がる布石。」

 カヴェル教国初代教皇アモンを補佐した聖女ダリアの正体である、奈落に住まう知識の魔王です。かつての楽園では、人間が生み出したありとあらゆる情報の蓄積とその管理を行っていましたが、楽園の崩壊と神よりの粛清の過程で、その大半を喪失してしまいます。

 魔女の敵たるカヴェル教団の建国を補佐した目的は、『ラジエルの書』の捜索のための人材の供給源を得るためでした。楽園崩壊と奈落幽閉によって彼女は情報網を喪失し、その代替として数で遥かに勝る人間の五感と手足に白羽の矢が立ったのです。そのために、金の流れを操る術を有する魔王マモンの建国計画に協力を申し出たのです。

  既にベルゼブブとの抗争に勝利していたルシファーを利用するために、神を冒涜するカヴェル教国の主神デミウルゴスという「存在しない真なる偽神」を生み出し、アモンを教皇とした神権政治体制の礎を築いたのも、彼女でした。

 マモンの建国が成ると、機は熟し契約も切れたとしてマモン派閥から離れ、自らは収集した『禁書』の管理と情報収集に専念をはじめます。

 その後、『ラジエルの書』を求める全ての魔王派閥との交渉を公然と図り、情報の提供と引き換えに、中立協定と『禁書』の捜索要請の契約を結びました。ダンタリアンの書架が魔王のサバトハウス、そしてベルゼブブの『イデア界の修道院』へ扉で繋がっているのはこのためです。

 彼女が全てを利用し、手段を選ばず『ラジエルの書』をひたすらに求める理由は、神の叡智そのものの探求だと明言していますが、彼女のもう1つの理由、始原の堕天使アザゼルの開放は彼女の瞳の深淵に隠されています。

【 アザゼル 】
性別 両性 年齢 外見10代 階級 始原の堕天使
魅力 《凛とした顔つき》 《一部大きい》 《真面目な雰囲気》 《典雅な声質》 《中性的美形》
性癖 《援助》 《恋話》 《崇拝》
「土から生まれた命と、火から生まれた命。共に、神より与えられし命に違いはない。」

 かつて神の秘密を知る立場にある最高位の天使の1人であり、世界創造と改変を成す知識の源『ラジエルの書』の知識を楽園創世を行う天使たちへ伝えました。

 しかし楽園が発展していく中、アザゼルは『ラジエルの書』の知識を人間に与えるという禁忌を犯し、禁断の叡智を得た人間『ネフィリム』と呼ばれる存在を生み出しました。

 『ネフィリム』は世界改変の御業によって楽園のシステムを改ざん、数多の人間を『ネフィリム』へ変化させました。天使たちは崩壊を食い止めようとしましたが力及ばず、『ネフィリム』達は楽園のシステムを完全に破壊し、それを憂いた神によって、楽園は『ネフィリム』ごと廃棄され、後には楽園の残骸と、『ネフィリム』に変化していなかった人間のみが残されました。

 この崩壊を招いたアザゼルは世界廃滅のその時まで奈落に幽閉されるという罰をくだされ、その後の行方を知る者は、神と、牢獄の番犬たる猟犬のみが知るのみとなりました。

 アザゼルは幽閉を受ける直前に『ラジエルの書』を紙片に分散し、世界に隠したとされます。悠久の時を経て今なお残る楽園の残骸『レムナント』は、その紙片の1つによって変質した世界であると、ダンタリアンは結論付けています。

 トップページに戻る