【 家とインテリア − T 】

__《 家 》____________________________________

 キャラクターには基本的に帰る【家】があります。【家】は休息や所持品の保管場所、仲間を匿う場所や、はたまた捕虜を閉じ込める場所となります。家主は【家】に滞在する場合、1日につき2食分の食事(《財力》に相応の品質です)を〈所持金〉の消費なく取る事ができます。キャラクター作成時に、キャラクターの《能力値》を参照し、入居が可能な家屋を【家】として有しているとできます。

 シナリオ中、家主は部外者を「賓客」と認定できます。「賓客」は、家主がそうと認めている間、今いる家屋を【家】として扱う事ができます(ただし、その食費は要負担です)。

__《 家での休息 》_______________________________

 キャラクターは体休める場所にて休息を取り、受けた【損傷】を癒やす事ができます。【負傷】は安静に継続24時間の休息をとる事で解除され、【重傷】は安静に継続72時間の休息を取る事で【負傷】に軽減されます。【大量出血】は安静に継続24時間の休息を取る事で全て解除されます。

 この時、休息場所が自身の【家】であったなら、より早く傷を癒やす事ができます。その時間は「24時間」は「18時間」に、「72時間」は「54時間」となります。

 「安静に過ごす」の基準として、1日に最低2回の食事を取る事、そして傷を癒やす箇所の部位で「判定を行わない」とします。これらの自然治癒は、全ての部位で同時進行します。休息が中断されたならば、再休息時にまた最初から安静にしなければなりません。

__《 部屋と保管 》_______________________________

  【家】に【所持品】【乗物】【インテリア】を保管する際、保管総量は全体で「(《財力》−未管理の部屋数)×〈保管〉」の総合価格までとなります。シナリオ中、この制限は解除されます。

__《 部屋と階層と従者 》____________________________

 家屋には総部屋数が設定されており、各部屋は、常に直接部屋で繋がり合っているわけではなく、通路によって隔たれている事もあります。そうした部屋割りは家屋毎に違っていますが、閉ざされた部屋というのは、意図的にそう設計するか、あるいは後から築造されていなければ存在しません。また、家屋には多階層のものがあり、1階層の基本的な部屋数は、総部屋数を階層で割ったものとなります。階層が多ければ部屋数は増えていきます。それらの部屋は使わなければ埃をかぶっていくだけですみますが、そうでなければ従者が必要となります。従者が増えれば従者を補佐する従者も必要になり、家屋は従者が増えていきます。

 住人が無理なく維持管理できるのは1人につき2部屋で、従者が無理なく維持できるのは1人につき3部屋です。従者2人につき1部屋も必要となります。従者の部屋も従者が管理する部屋に数えます。 なお、従者の業務には炊事洗濯も含まれており、家主の衣服洗濯や食事の用意も従者が行います。

 従者1人を雇用するにあたり、家屋の〈財力〉が「+3」されます。この従者は基本的に〈低位階級〉の家柄であり、〈中位階級〉の従者であれば「+4」、〈高位階級〉の従者であれば「+5」となります。〈中位階級〉〈高位階級〉の従者を雇用する場合、雇用主の《権力レベル》は従者を超えていなければなりません。従者にできるのは市民階級までで、支配階級にある者を合法的に雇用する事はできません。

__《 馬と厩 》__________________________________

 家屋には馬を飼っておける厩が設置されているものがあります。〈厩〉の数字は、厩の余裕であり、それが飼える馬の数となります。〈厩〉がなければ馬と馬車は購入できません。

__《 インテリア 》________________________________

 部屋を彩る、特別な家具や仕掛けです。持ち運びできる【インテリア】は〈家具〉となり、持ち運びできないものは〈仕掛け〉となります。家具は多数で運搬でき、その際の〈重量〉は「〈重量〉÷運搬車の数」となります。【インデリア】は、管理者のいない部屋には設置できません。また、基本的に効果は重複しません。


【 家とインテリア − U 】

__《 家屋 》___________________________________
 
【 アパート 】
保管:2 部屋:18 階層:4 厩:1 権力:20 財力:5
 都市部にある代表的なアパートです。屋根裏部屋が2部屋あります。ここに住む時は1室を得ます。

【 修道院の宿泊棟 】
保管:2 部屋:20 階層:2 厩:5 権力:20 財力:0
 修道院ではこの中の1室を相部屋として2人で生活します。

【 平屋 】
保管:3 部屋:2 階層:1 厩:なし 権力:20 財力:10
 低位市民階級では平均的な木造家屋です。

【 2階建ての家屋 】
保管:4 部屋:7 階層:2 厩:なし 権力:40 財力:20
 農村での村長宅や、中位市民階級では代表的な木造家屋です。
屋根裏が一部屋あります。全部屋を従者が管理するならば、従者「3人」が「2部屋」に住み込む事となります。

【 屋敷 】
保管:5 部屋:14 階層:3 厩:1 権力:60 財力:30
 高位市民階級や聖職者が住む、門構えの煉瓦造りの家屋です。
屋根裏と地下倉庫が一部屋づつあります。全部屋を従者が管理するならば、従者「5人」が「3部屋」に住み込む事となります。

【 邸宅 】
保管:6 部屋:23 階層:4 厩:3 権力:70 財力:35
 門構え庭構えの邸宅で、貴族階級や枢機卿の代表的な家屋です。
屋根裏が2部屋、地下室が1部屋あります。全部屋を従者が管理するならば、従者「8人」が「4部屋」に住み込む事となります。

【 城の居館 】
保管:7 部屋:28 階層:5 厩:10 権力:80 財力:40
 籠城戦を想定した石造りの城の居館です。
屋根裏と地下室が1部屋づつ、地下牢が6部屋あります。全部屋を従者が管理するならば、従者「10人」が「5部屋」に住み込む事となります。



  
【 家とインテリア − V 】

__《 インテリア − A 》_____________________________

【 快眠寝具 】
種別:家具 重量:80 権力:40 価格:60
 傷を癒やす休息時間が半分に短縮されます。

【 仕込み家具 】
種別:家具 重量:30 権力:40 価格:20
 総重量20までの【武器】を内部に隠し仕込める防犯用家具です。「0PT以内」で【装備切り替え】を行うと、即座に中の【武器】を取り出して装備できます。仕込まれた【武器】は自動的に【隠匿判定】に成功したものと扱われます。

【 鍵付き箱 】
種別:家具 重量:30 権力:20 価格:10
 いわゆる宝箱です。置いた部屋に保管する、重量20までの【所持品】を、総重量100まで、鍵付き箱に収納できます。収納物と箱の重量は合算します

【 鍵付きトラップ箱 】
種別:家具 重量:30 権力:20 価格:20
 合鍵を使わなければ針が飛び出す鍵付き箱です。【罠判定】に失敗する、あるいは【罠判定】を成功させずに【解錠判定】に続けて2回失敗すると、判定者に針が刺さります。所有者は、その罠に【睡眠薬】か【毒薬】を仕込む事で、それを毒針にできます。毒針が刺さった際の処理は「薬が染み込んだ飲食物を食べた」ものと同様に扱います。仕掛けた薬は失われます。この罠は仕掛け直すまで再発動しません。

【 加工場 】
種別:家具 重量:60 権力:20 価格:20
 狩った獲物の加工環境を整える家具です。【家】の中で行う【解体判定】と【加工判定】にかかる時間を半分に短縮します。

【 書架 】
種別:家具 重量:60 権力:60 価格:20
 分厚い専門書を収めた書架です。〈学歴:大学教育〉を有している【家】の主人は、【家】の中で行う【知識判定】に「+5」を受けます。これは「+20」まで重複します。

【 アトリエ 】
種別:家具 重量:60 権力:20 価格:20
 芸術創作の環境を整える家具です。購入時、「絵画」と「彫刻」のいずれかを選択します。【家】の中で行う【芸術品】の創作にかかる時間を半分に短縮できます。

  

  
【 家とインテリア − W 】

__《 インテリア − B 》_____________________________

【 強化窓 】
種別:仕掛け 重量:− 権力:40 価格:10
 これを保管した部屋の扉や窓の鍵を、より精密な鍵にします。これらの鍵を合鍵以外で開閉を試みる場合、【解錠判定】に「−20」を受けます。

【 快適キッチン 】
種別:仕掛け 重量:− 権力:60 価格:20
 食堂並に設備が揃った調理場です。【家】の中で行う【調理判定】に「+20」を受けます。

【 水道 】
種別:仕掛け 重量:− 権力:60 価格:80
 飲料には適さないものの洗濯には問題ない水が、設置した部屋の蛇口から任意に出せるようになります。

【 隠し扉 】
種別:仕掛け 重量:− 権力:40 価格:20
 仕掛けたい部屋を1つ指定します。これを保管した部屋に繋がる扉を1つに限定し、かつ、その扉を隠蔽します。この隠し扉は「−20」を受けた【探索判定】に成功すれば発見できます。

【 後付厩 】
種別:仕掛け 重量:− 権力:40 価格:20
 家の外部に馬1頭分を飼える厩を増築します。

【 牢 】
種別:仕掛け 重量:− 権力:20 価格:30
 牢にしたい部屋を1つ指定します。その部屋に繋がる扉を1つに限定し、かつ、内側から扉の鍵を開けられない扉にします。扉には食事を入れる窓があり、壁窓は手のひら大の換気口のみとなります。

【 部屋増築 】
種別:仕掛け 重量:− 権力:0 価格:50
 外に面した1階の部屋を1つ指定します。面する外部へ〈部屋〉を1つ増築します。

【 地下室増築 】
種別:仕掛け 重量:− 権力:0 価格:60
 1階の部屋、もしくは地下室を1つ指定します。1階の部屋であれば真下に、地下室であれば上方以外の方向へ〈部屋〉を1つ増築します。別階層に増築する場合、階段で繋げるなら〈価格〉が「+5」、梯子なら変動なしとなります。
  

【 家とインテリア − X 】

__《 魔女専用インテリア − A 》________________________

【 妖精の家 】
種別:家具 重量:20 権力:− 価格:5
 購入時に家具としての種類を1種指定します。深夜、その家具から妖精が召喚され、設置された部屋を自動的に管理維持します。この時の妖精は従者と扱われ《能力値》は《器用:50》《敏捷:50》《知力:50》《意思:50》《他:0》《命運:1》と扱い、その姿は手のひらサイズであれば所有者が任意に決定できます。妖精は部屋の様子を常に把握できますが、個人の区別が一切つきませんし、時間感覚も昼か夜のどちらかしか認識せず、日にちの概念も有しません。争いごとは好まず、臆病で、恐怖を感じれば異界へ帰還します。妖精は死亡してもまた召喚されます。この家具は『サバトハウス』で購入でき、搬入は転移で行われます。

【 生きた絵画 】
種別:家具 重量:20 権力:0 価格:60
 肖像画の形状をしています。この肖像画は視覚と聴覚と嗅覚を有しており、会話が可能で、瞳の位置や表情を変化させます。肖像画は自我も記憶も時間の概念も有しており、家主の質問には包み隠さず答えます。ただし、肖像画の知識は〈無学〉相当です。肖像画は従者として扱われ、部外者に対しては普段は普通の絵画のように動きませんが、【感知判定】に成功する事で、瞳の位置が変わっているなど細かな表情の変化に気づけます。肖像画の性格は個人差があり、基本的に家主に忠実ですが、破壊をほのめかされるなど脅迫を受ければ裏切る事もあります。この家具は『サバトハウス』で購入でき、搬入は転移で行われます。

【 切り裂き人形 】
種別:家具 重量:5 権力:− 価格:20
 設置した部屋に【レッドキャップ】を1体控えさせます。【レッドキャップ】は設置した部屋への侵入者に襲いかかります。【レッドキャップ】が襲わないのは、『魔女』と『黒山羊』のみです。同じ部屋に複数設置した場合、【レッドキャップ】は互いに殺し合います。侵入者が部屋の外に逃げた場合、それ以上追う事はありません。この家具は『サバトハウス』で購入でき、搬入は転移で行われます。

【 不埒者を絞める手 】
種別:家具 重量:10 権力:− 価格:40
 購入時に開閉式の家具を1種指定します。指定した家具に【ネックハガー】を1体控えさせます。【ネックハガー】は家具を開いた者に奇襲をしかけます。【ネックハガー】が襲わないのは、窒息をしない存在と、家主のみです。襲撃をかけた【ネックハガー】は無限に対象を追撃し、対象の殺害に成功すると即座に死亡します。この家具は『サバトハウス』で購入でき、搬入は転移で行われます。

【 守護石像 】
種別:家具 重量:1000 権力:− 価格:60
 設置した部屋に【ガーゴイル】を1体控えさせます。【ガーゴイル】は設置した部屋への侵入者に襲いかかります。【ガーゴイル】が襲わないのは、家主と〈賓客〉です。家主とは別に家に住む家族や従者は基本的に〈賓客〉扱いとなります。襲撃をかけた【ガーゴイル】は侵入者が【家】の中にいる限り追撃します。侵入者が外に逃げた場合、設置された部屋へと戻り、次の侵入者へと備えます。この家具は『サバトハウス』で購入でき、搬入は転移で行われます。

  

【 家とインテリア − Y 】

__《 魔女専用インテリア − B 》________________________

【 穢れた聖櫃 】
種別:家具 重量:60 権力:− 価格:60
 棺桶の形状をしています。この棺桶に人間の死体を収め【蜘蛛の糸】の《魔術》を行使した際、その死体が『魔女』ではない者であっても蘇生の対象に指定できます。また、『魔女』においては【快眠寝具】と同様の寝具としても使用できます。この家具は『サバトハウス』で購入でき、搬入は転移で行われます。

【 闇の祭壇 】
種別:家具 重量:80 権力:− 価格:80
 魔王を崇拝するための祭壇と儀礼用の品々一式です。設置された部屋で行う《魔術》の【行使判定】に「+40」を受けます。【蜘蛛の糸】の《魔術》を行使する際、失敗しても対象は【ゾンビ】に変化しません。また、祭壇に動物の心臓を捧げる生贄の儀式を2時間かけて行う事で、《命運》が「1点」回復します。人間の心臓を捧げた際は、《命運》が1周間の間、深夜0時毎に「1点」回復します。この時、心臓の持ち主である人間が、生殖行為の経験が皆無であれば、回復値は「2点」、『神子』か『魔女』であれば、さらに「+2点」となります。これらの効果は重複しません。捧げた心臓は儀式終了時に乾ききり、干し柿のように変化します。この家具は『サバトハウス』で購入でき、搬入は転移で行われます。

【 渇望の寝台 】
種別:家具 重量:80 権力:− 価格:60
 豪奢な寝台の形状をしています。この家具は【快眠寝具】の効果を受けられます。さらに、この寝台で2時間継続して眠った者が『魔女』ではない場合に限り、夢の中で、もっとも高い《罪》に沿った内容で、《性癖》全ての充足を強制的に満たす明晰夢を見ます。そして【堕落判定】にて「−7×充足した性癖数」を受けます。この時、《性癖》を充足する際にそれぞれで【自尊判定】を行えます。成功すると対象は《性癖》の充足を拒否できます。『魔女』が眠った場合、望む明晰夢を見る事ができます。 この家具は『サバトハウス』で購入でき、搬入は転移で行われます。

【 結界陣 】
種別:仕掛け 重量:− 権力:− 価格:20
 人払いの結界を【家屋】に張る魔法陣です。魔法陣は平面に描かれれば効果を発揮します。設置した家屋は《原罪の庇護:悪霊の家》の効果を受けます。さらに設置した家屋に同魔術を行使した場合、通常ならば離れていく対象を逆に引き寄せる効果に変更できまます。これにより対象は逃げるのではなく、留まる事を最優先にします。この仕掛けは、魔法陣に落書きしたり描かれた平面を破損させる等して、魔法陣の図形を崩す事で無力化できます。この仕掛けは『サバトハウス』で購入でき、施行は専門の使い魔が行います。

【 境界への扉 】
種別:仕掛け 重量:− 権力:− 価格:80
 設置した部屋は、現世ではない異界として扱われます。この空間では現世に明かりや音が洩れ出る事は一切なく、現世からの明かりや音も一切届きません。また、空間転移に属する《魔術》や、【銀の鍵】も効果が現れません。《悪霊払いの収穫祭》や《ワルプルギスの夜》は通常通り展開できます。この仕掛けは『サバトハウス』で購入でき、施行は『黒山羊』が行います。
  

 トップページに戻る