社会階級と境遇一覧

社会階級の特権と概要  境遇一覧 境遇対応役名一覧
 
1,奴隷階級 (身分:0〜/権力レベル:0)
階級特権 
[無人権]
納税の義務はないが、市民権を持つことが許されず、俸給は最低限の食事のみとなる。
この階級である間、「アイテム:奴隷の首輪」を自動取得し、強制的に装着させられる。
階級が変更されると、この自動取得アイテムは失われる。
階級説明
戦争で捕虜となったり、誘拐されて売られてきた他国の者や、
重犯罪を犯して階級を降格された者たち。

人権はなく劣悪な環境で強制労働につかされている。彼らを守る法はなく、
奴隷を支配する主人から頻繁に鬱憤晴らしとして暴行を受ける事が多く、
脱走をして貧民街に逃げ込んでも、低位階級の歪んだ思想の持ち主に
騙されるか脅されるかして、さらに悪化する事も珍しい事ではない。

稀に剣闘士の奴隷が素晴らしい健闘を見せたり、
美貌を持った魅力的な奴隷が、貴族に気に入られた事で[客人]となる事もある。
 
2,低位階級 (身分:15〜/権力レベル:1)
階級特権 
[低級市民権]
市民権を所有する事が許可されるが、教育は殆んど受ける事ができない。
初期作成時は教育機関「寺子屋」を卒業していると扱う。
階級説明
平民の中でも特に貧しい者たち。
税金を収める金を持っていないため、公共サービスを受ける事ができず、
まともな職にありつけずに、劣悪な環境にある土地に集まり、貧民街を形成している。

貧しさから犯罪を犯す者が多く、彼らが犯罪の犠牲者となっても、
まともに捜査が進み、犯人が捕縛され、罰を受けるという事は非常に稀である。

自身の生まれや荒んだ環境を呪い、自身より恵まれた対象に対して、
羨みを通り越した憎悪に等しい感情を持っている者も少なくなく、
その歪んだ衝動を、粗悪な安酒で慰めながら、周囲に当り散らしている。
 
3,中位階級 (身分:30〜/権力レベル:2)
階級特権 
[市民権]
市民権を所有し、必要最低限の教育を受ける事ができる。
初期作成時は教育機関「学校」を卒業していると扱う。
階級説明
国家を形成する平民達の所属する階級。
人並みの生活を過ごせるだけの財産があり、
教育を受ける事で様々な職種に付く事ができる。

ただし、多くの平民は親の家業を継ぐ事が当然とされるため、
子供達はそれに見合った場所での教育を受ける事となる。
施政者の統治に対して非常に敏感であり、
国家に革命をもたらす者は、この中位階級の出身者である事が多い。

それは事を起こす準備を整えられる教育と人脈、財産を持っているからであり、
施政者はそれを防ぐために、平民が受けられる教育を強く制限する事が多い。
 
4,高位階級 (身分:45〜/権力レベル:3)
階級特権 
[上位市民権]
市民権を所有し、優先的に教育を受ける事ができる。
また、ギルドなど組織を管理、運営する事を許可される。
初期作成時は教育機関「大学」を卒業していると扱う。
階級説明
組織を束ね領主の直轄で商業その他の活動を取り仕切る金持ち達や、部族長など。

この階級でなければ事業を興す事は許されず、起業しても
貴族の監視下に置かれるなど貴族と平民を繋ぐ中間管理職的な階級となる。

たいていの組織は貴族への上納金を常に要求され、
それを怠ると組織が取り潰されかねないため、
貴族への接待や賄賂などのコネの根回しは欠かすことはできない。

貴族と共犯して平民や貧民を搾取する代表的な階級であり、
時には聖職者すらも共犯に名を連ねる事もある。
 
5,騎士階級 (身分:60〜/権力レベル:4)
階級特権 
[騎士権]
領土はないが[上位市民権]に加え、騎士の爵位を持つ事を許される。
騎士団に所属できる他、司法や大学などの国家において上位の高位学問に携われる地位を得る。
初期作成時は教育機関「大学」を卒業していると扱う。
階級説明
高位階級が出世し、貴族として認められた階級。

貴族に属するとはいえ、騎士とは貴族によって勲章を授与された者程度の扱いでしかなく、
名実ともに貴族として認められるには、さらに家名を上げて男爵の爵位を得る必要がある。
そのため、この階級は上位階級において最も変動が激しく、多くの騎士の家が立ち上がっては没落していく。

国家の役目としては騎士団に所属し職業軍人として戦場に立つ他、
弁護士や検事、大学教授など高位の教育機関によって培われた司法専門家や研究者として従事する。
名ばかりとはいえ、貴族階級の中では、上下様々な階級の者達と接する機会が最も多いとされる。

貴族たちに愛人を斡旋する劇場を運営する者や、
政略結婚の舞台となる社交界の手配や下準備を行うのも、これら騎士階級が主となっている。
 
6,聖職者階級 (身分:60〜/権力レベル:4)
階級特権 
[聖職権]
宗教活動を執り行う司祭、それを補佐する助祭の地位を得られる。納税の義務はない。
この階級のまま身分を90以上まで上昇させれば「枢機卿階級」となれる。
初期作成時は教育機関「大学」を卒業していると扱う。
階級説明
教皇に仕え、教会や聖堂を拠点に神の信仰を布教し、迷える者を導く者達。

破門は死を超える罰とされ、精神的な権力に勝る聖職者に対して、貴族たちですら無碍に扱う事はできない。
そのため全階級に平等に接する人格者が求められるが、その強権により堕落する者は多く、
異教徒や歯向かう者に対して横暴な態度で接し問題を起こす事も珍しくはない。

教国を支配する教団の聖職者が貴族より下位な理由は、
野心ある貴族の反感を抑えるためでもあり、貴族への牽制と監視も重要な使命となる。

聖職者において神事を行う者達は「修道士/修道女」「助祭」「司祭」「司教」の役職が存在する。
 
7,貴族階級 (身分:75〜/権力レベル:5)
階級特権 
[貴族権]
領地を持ち、領地の属する平民を支配、管理する権限を持つ。
これにより、平民に市民権とその証明である市民証を授ける権限も持つ事や、
教会の建設を行い、聖職者を受け入れるか否かを選択できる。
初期作成時は教育機関「大学」を卒業していると扱う。
階級説明
国王に仕え、与えられた領土を管理し国家に利益をもたらす事でその地位に立つ者達。

紳士淑女として礼儀と礼節を重んじ、戦争では騎士として真っ先に先陣に立ち、
領主として領民を保護しその暮らしを安定させる責務を負う。

しかし多くは権力と溢れる財産に溺れ、腐敗し、悪政を敷く者も少なくない。
そして、貴族はもともと教国に侵略され併合された亡国の王が貴族として召し抱えられた場合が多くあり、
教団への反感が土地柄強い場所も多く、それが不安定な国内情勢に拍車をかけている。

貴族階級には「男爵」「子爵」「伯爵」「侯爵」というさらに順列をもった格差が存在しており、
侯爵が最も貴族階級で権力の強い存在となる。
 
8,大貴族階級 (身分:90〜/権力レベル:6)
階級特権 
[上級貴族権]
[貴族権]と同等の特権と、貴族階級の長として「公爵」の爵位を持ち、それらを率いる権限と責務も背負う。
また、現在の王が玉座から去った後に、次代の候補の中から1人を会議で次代の王として選定し、
次なる王に奉仕する義務と権利を背負う。「貴族階級」からでなければこの階級になれない。
階級説明
貴族階級の中で最も高貴な血筋と地位を持つ公爵の爵位を持つ大貴族。

国王の補佐をし貴族を束ねる、まさに重鎮中の重鎮である。
それゆえ公爵は君主に対しても非常に高い発言権と影響力を持っている。
さらに、騎士団を統括する大将を輩出してい家系故に、武力というもっとも単純かつ強烈な重圧を行使する。
これを逸らす事は配下の貴族はおろか、主である君主でさえ容易ではない。

特に時期君主の後見人としての地位も存在するため、次期君主の若者に特に強い影響を与えており、
後継者と深いつながりを持てば王家を裏で操る事も可能であり、実際に国家の支配権を巡って、
支配者の交代時には常に公爵家が絡む激しい戦いが王宮でも戦場でも繰り広げられており、多くの血が流されている。
 
9,枢機卿階級 (身分:90〜/権力レベル:6)
階級特権 
[上級聖職権]
[聖職権]と[貴族権]の特権を持ち、さらに聖職者階級の長として「枢機卿」の地位を背負う。
また、現在の教皇が玉座から去った後に、枢機卿の中から1人が次代の教皇として選定され、
教国を繁栄させる使命を受け持つ。「聖職者階級」からでなければこの階級になれない。
異端査問会を1つ設置し、査問官に指示を与える事が出来る。
階級説明
教団内部において教皇に次ぐ権威の階級。

大貴族が血に汚れる剣の左手であれば、枢機卿はそれを洗い拭う右手であるといえる。
教団の教皇はこの枢機卿から選抜されており、それを選抜するのは大貴族たち公爵家となっている。
そのため枢機卿は幼少児の修道士時代から貴族達と蜜月の時代を築いており、
時期教皇の座を狙って様々な派閥が生まれると同時に、それが国家の腐敗の大きな要因となっている。

枢機卿は貴族のように直轄の領地を所有しており、教皇となった後は、
その領土が教皇庁の存在する新たな教国の首都となるという伝統を持つ。
これも派閥争いに拍車をかけており、己の領地の繁栄のために、
貴族や聖職者は是が非でも教皇の座を手に入れようと血眼になるのである。
 
10,支配階級 (身分:99〜/権力レベル:7)
階級特権 
[君主権]
国土全てを己の領土とし、法律を制定し貴族を任命する権限を持ち、勅令は法を超越し、当然納税の義務はない。
この階級に立つ者は「支配者」の境遇に固定され、国家に置いて存在を1人しか許されない。
カヴェル教国において「枢機卿階級」からでなければこの階級になれない。
階級説明
国家全体を統治する国王や、宗教の総本山として信徒を導く教皇などの絶対権力者。
 
社会にて神に等しい権限を持つ彼らはあらゆる快楽や欲望を実際に実現できうる力を持つだけでなく、
その超権にあやかろうと群がる亡者どもに担ぎ上げられ、傀儡となっている者も少なくない。
傀儡は幼少の後見人である大貴族の教育をたっぷりと受けており、その英才教育の結果、
民衆たちを愚かな家畜として睥睨し、その生命を自由に扱っても良いという傲慢な性質を強く持つ事が大半である。

名ばかりの君主としての見返りとして与えられる何不自由ない酒池肉林の生活と超権力は、
悪い事にやがて贅沢な退屈を招き、それを晴らすためだけに残虐非道な行う暗君暴君を簡単に産み出してしまう。
 
11,客分 (身分:特殊/権力レベル:様々)
階級特権 
[庇護]
後見人の階級レベル−1の権力レベルとなり、後見人が任意に提示する条件を満たし続ける義務を持つ。
この階級である間、「アイテム:客分の証」を自動取得する。教育程度においては元の階級に左右される。
後見人の死亡や、条件の不履行等により客分階級を失った時は、以前に所属していた階級と階級レベルへ戻る。
また、「アイテム:客分の証」も失われる。なお、奴隷、余所者、客分は、客分の後見人になれない。
階級説明
様々な事情で、後見人の庇護下にある者たち。

それは優れた武勇を見せ後見人を得た剣闘士奴隷や溢れる魅力で寵姫となった女奴隷だったり、
はたまた高位の階級から理由があって勘当され、下位の階級に預けられた者もいる。

実力によっては純粋な貴族階級に迎えられる事もあるため、多くの者が後見人を得ようと奮闘している。
しかしそうして成り上がった者達は大概がいい目で見られる事はなく、
頻繁に嫉妬ややっかみによる嫌がらせを受け時には政争や八つ当たりで殺害される事もあり、
安定した生活を送れる事は稀である。
 
12,余所者 (身分:特殊/権力レベル:2相当)
階級特権 
[隣人権]
[中位階級]と同等の権限を持つ。この階級である間、「アイテム:滞在許可証」を自動取得する。
階級が変更されると、この自動取得アイテムは失われる。教育程度においては故郷での元の階級に左右される。
階級説明
他国家の所属だが傭兵業や商業活動など様々な事情により国家に滞在している者達。

外交関係悪化を最低限防止するため、[中位階級]程度の権限を持つ事が許されているが、
通常は1年以上の滞在は許されず、問題があれば即座に[奴隷階級]へ落とされたり、国外追放や強制送還とされる。

永住希望者は自国家の市民権を放棄し、滞在中の国家の市民権を取得する事で所属国家を変更できる。
しかし、それは他国の市民権を有する者達に限った事であり、
それをもたない[奴隷階級]や難民等はこの保護は受けられず、階級的には[奴隷階級]と扱われる。
そのため市民証などを偽造して所持している者も多く、そこも社会問題の一因となっている

 

 境遇一覧と境遇効果表  階級一覧
番号 境遇名 境遇効果
指導者 人を集め、人を動かす、人の上に立つ者。

「権力レベル」の人数までのアイテム「従者」を、「価値0」で雇用できる。
(これは、給金が負担にならないとして扱う。)
武人 己の武を高め、強さを指針に生きる者。

攻撃力と防御力が「+1」される。
商人 信用と不信の世界に生きる物流の管理者。

アイテムを売買する際、自身の【身分】を「+15」して取引できる。
学者 知識と知恵にて、この世の謎を解き明かす研究者。

1シナリオ中に1回、閃きによって、GMにPLが直接質問を行える。
GMはその質問の解答を偽りなく答えるが、GMは解答を拒否できる。
解答を拒否する場合、その質問は質問回数に含まれない。
調達屋 アイテムを様々な手段で手に入れ、己のものとする者。

シナリオ中、1フェイズに1回、アイテム調達のための[幸運判定]を行える。
成功すると、自身が購入可能なアイテム1個を即座に無料で入手できる。
ただし、「従者」と「インテリア」のアイテムは入手出来ない。
入手の手段や過程等の演出はPCが任意に指定できる。
医者 怪我や病に苦しむ者を救済する、命の奉仕者。

「◯◯薬」と名のつくアイテムを購入する際、
アイテムの価値を「−1」、アイテムの身分値を「−15」して扱う。

これは、アイテムの価値が下がるのではなく、低価で入手できると扱い、
自宅保管時もアイテムの価値を−1し、安価に維持できる。
斥候 秘密を探り、情報を握り、時には暗殺をも行う影の者。

[潜伏判定]に「+10」のボーナスを受ける。
運び屋 物資や人を高速で運搬し世界を繋ぐ者。

アフタープレイ時、アイテム「騎獣(車両)」のいずれか一つを、
購入制限を無視して購入でき、自宅に厩があれば維持費なしで保管できる。
ただし、シナリオ中にこの境遇で得た「騎獣(車両)」を喪失した場合、
次シナリオまでのアフタープレイでは喪失した「騎獣(車両)」は購入出来ない。

使徒 身を犠牲にして己の信じる教義を貫く祝福の羊。

魔女として通報された際の[幸運判定]に「+20」のボーナスを受ける。
10 探索者 深淵よりの悪意に立ち向かう術を知った者。

[自律判定]に「+20」のボーナスを受ける。



 境遇対応役名一覧表
以下の表は、キャラクターの階級や境遇を、カヴェル教国においての社会的役割へある程度具体的に対応させた一覧である。この一覧表をシナリオに使用する場合、GMの許可が必要となる。指定の条件を満たしたキャラクターは役名の通りの社会的立場と職場を得る。GMは役名を得る必要条件を新たに提示してもよいし、条件を緩和しても構わない。
 
番号 役名 推奨最低身分値/最低階級 必要境遇 必要アイテム
物乞い 0/指定なし 調達屋
ボロキヌ or ビキヌ
寵姫 0/客分 学者 or 調達屋
媚薬
従者0/客分 調達屋
中位礼服
労働者 0/指定なし 調達屋
クロース
狩人 15/低位 武人 or 斥候
弓 or 弩
花売り 15/低位 調達屋
香草
傭兵 15/低位 武人
武器1種
用心棒 15/低位 武人
棍棒
剣闘士 0/奴隷 武人
奴隷の首輪
10 遊び人 0/指定なし 指定なし
パイプ
11 詐欺師 0/指定なし 商人
礼服2種
12 盗人 0/指定なし 調達屋 or 斥候 or 運び屋
マント/ローブ
13 探索者 0/指定なし 探索者
黄金の蜂蜜酒
14 薬草摘み 15/低位 医者
香草 or 薬品1種
15 まじない師 22/低位 商人 or 医者 or 調達屋
香草 or 麻薬
16 見習い信徒 15/低位 使徒
カヴェルシンボル
17 性風俗従事者 15/低位 調達屋
酒1種
18 運送従事者 15/低位 運び屋
騎獣1種
19 調教師 15/低位 学者 or 医者 or 運び屋
騎獣1種
20 殺し屋 15/指定なし 武人 or 斥候
短剣
21 治安維持者 30/中位 武人
ランタン+武器1種
22 街道巡視員 30/中位 武人 or 斥候 or 運び屋
騎獣1種+武器1種
23 密輸屋 30/中位 調達屋 or 運び屋
騎獣1種
24 劇団員 30/中位 指定なし
低位礼服
25 御者 30/中位 運び屋
荷馬車 or 幌馬車
26 行商人 30/指定なし 商人 or 調達屋 or 運び屋
荷馬車 or 幌馬車
27 墓守 30/中位 武人
ランタン
28 酒場経営者 45/高位 指導者 or 商人
酒1種
29 死刑執行人 60/騎士 武人 or 学者 or 医者
ゴシック式礼服  + 麻縄
30 拷問官 60/騎士 武人 or 学者 or 医者
拷問具
31 村長 38/中位 指導者
低位礼服
32 教師 45/中位 学者
33 医療業者 45/高位 医者
薬品2種
34 流通業者 45/高位 商人 or 調達屋 or 運び屋
荷馬車 or 幌馬車
35 料理人 45/高位 調達屋
料理道具
36 大家 45/高位 指導者 or 調達屋
使い走り
37 娼館経営者 45/高位 指導者 or 商人 or 調達屋
用心棒
38 賭博師 45/高位 指定なし
礼服1種+パイプ
39 作家 45/高位 学者
インクと羽ペン
40 職人 30/中位 指定なし
ソフトレザー
41 写本家 41/指定なし 学者 or 使徒
インクと羽ペン
42 芸術家 45/高位 学者
ソフトレザー
43 暗殺者 45/指定なし 武人 or 医者 or 斥候
服薬毒 or 塗料毒
44 町長 53/高位 指導者
中位礼服
45 荘園経営者 60/高位 指導者 or 商人 or 運び屋
従者の部屋
46 大学教授 60/高位 指導者 or 学者 or 調達屋
本3冊
47 ティレッタント 60/高位 調達屋 or 運び屋
ビンテージワイン
48 修道士/修道女 60/聖職者 指導者 or 学者 or 使徒
カヴェルシンボル + カソック
49 異端査問官 60/聖職者 武人 or 使徒 or 探索者
カヴェルシンボル
50 弁護士 60/騎士 学者 or 使徒
ゴシック式礼服
51 検事 60/騎士 学者 or 使徒
ゴシック式礼服
52 騎士見習い 45/客分 使徒
ゴシック式礼服
53 高級娼婦 60/指定なし 指導者 or 商人 or 調達屋
ゴシック式礼服  + プレイルーム
54 劇場経営者 60/高位 指導者 or 商人 or 運び屋
使い走り
55 職業軍人 60/騎士 武人
ゴシック式礼服
56 騎馬騎士 60/騎士 武人 or 運び屋
ウォーホース
57 宗教指導者 75/聖職者 指導者 or 学者 or 使徒
カヴェルシンボル + カソック
58 社交界のヒモ 75/騎士 指導者 or 商人 or 調達屋
ゴシック式礼服 + 高級酒
59 奴隷商人 75/指定なし 商人 or 調達屋 or 運び屋
座敷牢 or 秘密の座敷牢
60 騎士隊長 75/貴族 指導者 or 武人 or 使徒
ゴシック式礼服
61 騎馬隊長 75/貴族 指導者 or 武人 or 運び屋
ウォーホース
62 首領 75/高位 指導者 or 調達屋 or 運び屋
ゴシック式礼服
63 深淵の後援者 75/高位 商人 or 調達屋 or 探索者
秘密のクローゼット + 強化鍵
64 謎の怪盗 75/指定なし 調達屋 or 斥候 or 運び屋
秘密のクローゼット + キーピック
65 領主 83/貴族 指導者 or 商人 or 使徒
ゴシック式礼服
66 大将 90/大貴族 指導者 or 武人 or 運び屋
ゴシック式礼服
67 大臣 90/大貴族 指導者 or 商人 or 調達屋
ゴシック式礼服
68 ギルド長 90/指定なし 指導者 or 商人 or 調達屋
快適寝具
69 反体制指導者 90/指定なし 指導者 or 武人 or 使徒
影武者
70 王位継承者 90/枢機卿 指導者 or 商人 or 使徒
バロック式礼服
71 絶対君主 99/支配 指導者
バロック式礼服
72 魔狩人 60/指定なし 武人 or 斥候 or 探索者
黄金の蜂蜜酒

戻る