【 オープニングフェイズ 】


《  終わりの始まり  》

 拠点に立てこもるPC達の食料が尽きかけているシーンから始まります。

  PCの関係は、家族かもしれませんし友人や同僚かもしれませんし赤の他人かもしれません。PCは生きていくために食料をゾンビが徘徊する外部に探しにいかなくてはなりません。PLはそれぞれ自身のPCが探索チームか防衛チームどちらに参加するかを指定します。

 この時、必ずしも探索チームを派遣しないといけないわけではありません。必要とあれば全員が防衛チームとして立てこもる、あるいは全員が探索チームとなり新たな拠点を探す事もあるでしょう。初期開始時点では初期拠点はまだ未探索であり、物資が見つかりやすいでしょう。

 一日に必要な栄養は、一人あたり「2000」キロカロリー(食料品4個分)となります。PCの初期カロリー値は「0」であり、これはゲーム開始毎に初期化され、過剰分も不足分も引き継がれません。


《  生きる糧は何処にある  》

 PCのチーム配分が決定すると、探索チームは何処に物資を探しにいくかを決定します

  施設は10種類あり、初期開始時に行ける場所は5箇所で、それらの施設はダイスで決定します。「1D10」を振り、出目と同じ「施設一覧」で施設名と共にある数字の施設が、探索に向かえる施設となります。この時、同じ種類の施設が重複しても振り直さずに、同じ種類の別の施設を知っていると扱います。民家など比較的何処にでもある施設が当たらない場合、それはゾンビの数が多すぎる等という理由で分断されているとします。

 物資を探しに行く場所が決定すると、実際に探索チームが現地へ移動します。


《  死から遠ざかるために死地へ  》

 探索チームのPCは移動先に指定した場所の到達難度のペナルティを適応した「感知判定」をそれぞれ行います。成功するとゾンビに感づかれずその施設への移動に成功し、失敗時はゾンビに襲われてしまいます。失敗者は「到達難度」のペナルティを受けた「戦闘判定」を行い、成功するとなんとか無事に現地に到達できます。しかし、戦闘判定にも失敗すると、現地に到達できるものの、死亡フラグが「+1」本されます。

 この感知判定で誰かがクリティカルを出すと、新たに移動先に指定できる施設(1D10のランダムで決定します)を1つ見つけます。ただしファンブルであれば、1サイクル目防衛ターンにて拠点で湧いたゾンビの数が「10%」増加し、これは重複します。

 探索チームが移動を完了する、あるいは全員が防衛チームに配属されると、ミドルフェイズへと移ります。

 


 トップページに戻る