【  死亡フラグ  】


 PCが明確に死亡し、ロストするかどうかの基準となる数値です。

 ゲーム開始時のPCの初期値は「0」です。死亡フラグが合計で「5本以上」に達すると、ミドルフェイズの「襲撃ターン」時に死亡します。 また、死亡フラグが「7」本に達すると、何かしらの要因によって即座に死亡します。逆に、それ以外では基本的に後述の「衰弱死(エンディングフェイズ参照)」以外ではなんとか生還する事になります。

 生還の理由は状況に応じて様々で、幸運もあれば誰かから助けられた、死を免れないがそれまで生きている等多岐に渡ります。

 能動的に危険を身に晒して、あえて自ら死亡フラグを立てる事で、以下の英雄的行動や悲劇的展開を行えます。これらによる死亡フラグの増加は、アイテムでは無効化できません。


《  死中に活あり  》

 PCは全ての判定時、20点刻みで最大「+40」点の判定ボーナスを適応するか選択できます。適応した場合、「適応ボーナス点÷20」本の死亡フラグが増加します。また、適応する事で有している死亡フラグが「6点以上」になる場合、このボーナスは適応できません。


《  無茶のしどころ  》

 PCはミドルフェイズ「探索ターン」あるいは「防衛ターン」中において、行動終了後に、死亡フラグを「+1」本する事で、そのターン中にもう一度行動できます。ただし、この再行動は1サイクル中に1回のみ行なえます。


《  探しものはなんですか  》

 ミドルフェイズの「探索ターン」あるいは「防衛ターン」において、【物資探索】の感知判定成功時に死亡フラグを「+1」本する事で、直後の戦利品決定のダイスの出目を「±20」まで操作できます。


《  不吉の横取り  》

 同行している自身以外のPCの死亡フラグが何かしらの理由で増加した際、その際に増加する死亡フラグを場所に自身に移し替える事ができます。この移し替えは1人につき1ゲーム中に1回のみ行えますが、死亡フラグを対価とする英雄的行動には無効となります。


《  俺がやつらをひきつける  》

 PCは後述のミドルフェイズ「探索ターン」あるいは「防衛ターン」において、【 場所移動 】を選択時、死亡フラグを「+1」本する事で、他のPCが移動しやすくなるための囮になることができます。囮になったPCの移動処理は通常通りに行います。そのターン中に同じ場所にいた他のPC全員は、【 場所移動 】を行う際、「感知判定」に「+20」点のボーナスを受けます。このボーナスは重複します。ただし、ボーナスが適応されるのは、この場から移動する時のみとなります。


《  誰が楽にさせるべきか  》

 PCは後述のミドルフェイズ「探索ターン」あるいは「防衛ターン」において、【 脅威排除 】を選択時、あるいは「襲撃ターン」でのゾンビとの戦闘にて、相対するゾンビの中に親しい者を見つけてしまう事が出来ます。これにより直後の戦闘判定を、同行する別のPCに代行させるか否かの選択が行なえます。この代行にはPLの同意が必要です。代行させた場合、戦闘結果を代行PCに適応した上で、代行PCの死亡フラグが「−2」本され、自身の死亡フラグが「+1」本されます。

 代行させずに自身が戦闘判定を行う場合、死亡フラグが「+1」本し、判定成功時はゾンビから任意のアイテムを1個入手できます。この《誰が楽にさせるべきか》は、PCそれぞれ1回づつ、ではなく、1ゲーム中に1回のみ行なえます。




 トップページに戻る